「キャンピングカーにこそ機械式LSDを!」走行安定性を根本から改善するOS技研の必殺兵器が登場

公開日 : 2021/06/28 13:00 最終更新日 : 2021/06/28 13:00

トヨタカムロード用をラインナップに追加

 

2WDだけでなく4WDモデルにも対応!

 

街中でも4ナンバー小型トラックをベースに架装したキャブコンと呼ばれるカテゴリーを多く見かけるが、背の高い大きな箱を背負う姿は、横風や山道などの場面において車体の横揺れがとにかく大きい。そんなキャンピングカーの弱点を解決すべく、OS技研が水面下で開発を進めていたオリジナルの機械式LSDが、ついに発売されることとなった。

 

 

対応車種はキャンピングカーのベースとして人気のトヨタカムロード。テスト結果は良好で、高速道路の巡航においても大幅な直進安定性の改善を確認したという。さらに路面の状態が良くないキャンプサイトなどでのトラクションも確保してくれる。

 

適合モデルはLY1系(2002年以前モデルは適合未確認)、Y23系、Y28系の3モデル。2WDモデルだけでなく4WDモデルに向けたフロント用も設定された。

 

 

価格はスタンダードなスーパーロックNEOが17万3800円、そこにデュアルコア機構を盛り込んだデュアルコアNEOが19万8000円、4WDモデルのフロント用スーパーロック4が18万4800円。2021年7月1日より受注を開始するそうなので、カムロードオーナーはOS技研にお問い合わせを!

 

 

●取材協力:OS技研 岡山県岡山市中区沖元464 TEL:086-277-6609

 

【関連リンク】

OS技研

https://osgiken.co.jp/