「プロボックス&サクシードの本格チューニングはココにお任せ!」T-CRIMB【SPECIAL SHOP】

公開日 : 2021/06/24 13:00 最終更新日 : 2021/06/24 13:00

まさにプロサク乗りの駆け込み寺

 

商用車でもその気になれば86&BRZを追いかけ回せるんです!

 

ハイエースを中心に、オールジャンルのカスタム&チューニングを展開する宮城県の『ティークライム』。そんな同店が近年チカラを注いでいる車種がプロボックス&サクシード。良質な中古車の販売はもちろん、デモカーを導入してサーキット走行も楽しんでいるほどなのだ。

 

 

パワーを求めて進化を続けるデモカーは、現在ヴィッツTRDターボMの心臓部を換装した過給機仕様となる。耐久性を重視して出力は130~140psに抑えているが、約1トンという軽量ボディの恩恵もあり、ホームコースのスポーツランドSUGOでは86&BRZやロードスターなどを追いかけますことも可能なのだとか。

 

 

プロボックス&サクシード用のパーツも多数開発。オリジナルマフラー(6万5780円)はメイン50.8φ→テール90φのレイアウトで、2分割式のセンタータイコもセットに含まれる。究極の排気効率を求めるオーナーに向けて、触媒ストレートパイプ(4万9500円)も用意されているのがポイントだ。この他、パワー系では径を2mm拡大したビッグスロットル(ノーマル下取り:3万9380円)もラインナップ済み。

 

 

ちなみに、プロボックスとサクシードではフロントバンパー内部の形状が異なるため、冷却系のチューニングアプローチは変わってくるのだとか。ティークライムでは、この辺りのノウハウも豊富に揃っているので水温や油温が気になるオーナーは相談してみるべし。

 

 

サスペンションチューンにも余念なく、当初はヴィッツ用の車高調などを流用していたが納得いかず、専用設計のフルタップ式オリジナル車高調(10万7800円)を開発。基準のスプリングレートはフロント10kg/mm、リヤ7㎏/mmだが、デモカーはサーキット走行を前提に14kg/mm&10㎏/mmまでレートアップしている。

 

 

旋回性を高めるためにはネガティブキャンバー角の増大が必須。そのため、ティークライムでは現在オリジナルのキャンバープレートを開発中で、そう遠くないうちに発売予定とのことだ。

 

 

「ハイエースと同じく商用車でありながら、MTがあって走らせても楽しいクルマです。今後もオリジナルパーツの開発を積極的に行っていく予定なので、プロボックス&サクシード乗りのみなさんはご期待ください!」とは、ティークライムの進藤さん。

 

走ることが大好きだからこそ、オーナーの気持ちが良く分かる。そんな心強いアドバイザーとなってくれるのがティークライムの魅力なのだ。

 

●問い合わせ:ティークライム 宮城県多賀城市八幡六貫田166-1 TEL:022−352−8234

 

【関連リンク】

ティークライム

https://t-crimb.com/