「ブリッツが2代目レヴォーグを速攻チューニング!」これが最先端ストリートパッケージだ!!

公開日 : 2021/06/21 06:30 最終更新日 : 2021/06/21 06:30

最新電子制御への対応も万全!

 

ジェントルな雰囲気を放つ大人のスポーツワゴン

 

初代のVM型のみならず、2020年末にデビューした2代目のVN型に対しても積極的な姿勢を見せる“ブリッツ”。実際に、デモカーとして車両を導入し、キャラクターに合ったパーツ開発を行っている段階だ。

 

 

まず、足回りにはブリッツ自慢のサスペンションキット『DAMPER ZZ-R』を投入。VN5レヴォーグ用はフロント/リヤともに6kg/mmのレート設定。全長調整式、単筒式、減衰力32段調整と欲しい機能を全て盛り込んだフルスペックモデルだ。

 

 

車高セッティングは、フロントが純正比マイナス33mm、リヤがマイナス27mm。車高調の導入にともなって純正の電子制御サスは取り外されているが、ワーニングキャンセラーによりチェックランプ点灯にも対応。アイサイトへの影響も一切無く、安心してローダウンできる。

 

 

心地良いサウンドを奏でるニュルスペックカスタムエディション(試作品)は、テールエンドの着せ替えが可能な次世代型マフラーだ。メインパイプ60φで、テールは114.3φの左右出しレイアウトとなる。もちろん保安基準適合モデルだ。

 

 

ブリッツ開発陣が、VN5レヴォーグに対して効果絶大と太鼓判を押すのがスロコンだ。電子制御スロットルの特性を任意に変更するためのパーツだが、純正がかなり抑えたセッティングとなっているため、このパーツを組み込むだけでキビキビと走るマシンに生まれ変わるという。

 

 

インテーク環境は、シールド&遮熱プレート付きのカーボンパワーエアクリーナー(試作品)でレスポンスの向上を図る。ちなみに遮熱プレートの有無で、吸気温度が大きく変わってくるという。

 

 

ホイールはエンケイRS05RR(8.5J+36)で、タイヤはファルケンアゼニスFK510(235/30R20)を組み合わせる。20インチをさらっと履きこなしたシルエットはシンプルかつ美しい。

 

 

取材当日はワインディングでの試乗となったが、トルク感とアクセルレスポンスは十分すぎるほどの仕上がり。さらに特筆すべきは足回りで、20インチ履きとは思えないほどのしなやかさを実現していた。

 

今後は、完全カプラーオンのお手軽装着でブーストアップできるパワスロや人気のTV&ナビキャンセラー、アイドリングストップおよびブレーキホールドの制御を行うユニットなど、様々な専用パーツを投入予定とのこと。VN5レヴォーグをさらなる高みへと引き上げたいと願うなら、ブリッツのアイテム群を見逃す手はないだろう。

 

●取材協力:ブリッツ TEL:0422-60-2277

 

【関連リンク】

ブリッツ

https://www.blitz.co.jp/