「スカイライン400Rの大本命マフラー登場」ニスモ魂がほとばしるチタン合金製のデュアルシステム!

公開日 : 2021/06/16 07:30 最終更新日 : 2021/06/16 07:30

リヤピース+センターパイプのセット!

 

軽量化だけでなくサウンドと耐久性も追求

 

純正状態で400psオーバーの出力を誇り、現行国産スポーツセダンの代表格として君臨しているスカイライン400R。このスーパーセダンの走りに磨きをかけるマフラーを、日産のモータースポーツ部門を担う“ニスモ”がリリースした。

 

 

素材には、純チタンを遥かに凌ぐ高耐熱チタン合金STTI(Ti-Cu-Nb)を採用。これにより重量は10.8キロと、純正(21.4kg)から10.6kgもの軽量化を達成したのだ。

 

 

レイアウトはメインパイプ55φでテールパイプは110φ。近接排気騒音は75dBで、事前承認取得済みの車検対応品となる。価格は43万7800円と高価だが、日産車を中心にレースからチューニングまでノウハウ豊富なニスモの新作パーツだけに、オーナーであれば見逃せない逸品と言えるだろう。

 

●取材協力:ニスモ TEL:0120-846-423

 

【関連リンク】
ニスモ

https://www.nismo.co.jp/index.html