「ブリッツが発売前のトヨタGR86をワイドボディ化!」グラマラスなフロントバンパーが強烈な個性を放つ

公開日 : 2021/06/09 06:30 最終更新日 : 2021/06/10 18:29


貼り付け&交換フェンダーで片側9mmのワイド化を実現!

 

吸排気チューンも施され、パーツ開発にも意欲満々

 

6月6日(日)、富士スピードウェイで開催された『86 Style with BRZ』にて、発表間もないGR86をブリッツ流にカスタマイズした『ブリッツGR86コンセプト』が初披露された。
 

 

まず真っ先に目を引くのは、強烈な個性を放つエアロボディキットだろう。なんと、早くもフルバンパータイプのワイドボディ仕様を造り上げてきたのだ。

 

 

フロントはフルバンパータイプとすることで大胆にイメージチェンジ。ヘッドライト下部に位置するスリットには、ポジションランプと連動するLEDラインライトが埋め込まれる。ナンバープレートの左側に確認できるプレートはエンジンオイルクーラー用の導風板で、奥にはコアがマウントされている。

 

 

純正サイドステップ下部には、フロントバンパーの意匠を踏襲したディフューザーを装着。立体的なフラップをあしらった造形が特徴的だ。

 

 

フェンダーは前後ともにワイド化(フロント:交換タイプ/リヤ:貼り付けタイプ)してボリュームアップ。拡幅は構造変更の必要がない片側9mmの設定だ。これにより、9.5J×18+43サイズのホイールを余裕で飲み込んでいる。

 

 

リヤには大型のトランクスポイラーとGTウイングを装備。両端が前方に大きく回り込んだウイング形状が斬新だ。

 

 

心臓部のFA24には、カーボンパワーエアクリーナーやカーボンサクションパイプなどのオリジナルパーツを投入して吸気効率を最適化。中空構造アルミシャフトを採用したストラットタワーバーも組み込まれ、その仕上がりはまさにチューニングのファーストステップ仕様だ。

 

 

リヤビューを引き締めるのはフルチタンの“ニュルスペックF-Ti”マフラー。リヤバンパーは4本出しに合わせた専用モデルで、色分けされたディフューザー部がテールを包み込む。

 

 

室内はストリート仕様そのもの。ブリッドのフルバケでホールド性を高めた上、試作のステアリングやシフトノブ、サイドブレーキレバーでドレスアップ。差し色のレッドが非常にスポーティだ。

 

 

シフトの前方にはスロットルコントローラーとDSC+のコントローラーを設置。DSC+は車内からの減衰力調整を可能にする電子パーツで、手動はもちろんGセンサーや車速と連動させたフルオート制御にも対応している。

 

 

ダッシュボードは現行モデルとは大きく形状が異なるため、GR86専用設計のレーシングメーターパネルを製作。埋め込まれているのはレーシングメーターSDで、右から水温、油温、油圧計となっている。

 

 

ホイールはエンケイのRS05RR(9.5J×18+43)で、タイヤにはダンロップのディレッツァZIII(255/35-18)を4本通しで装着。

 

 

足回りは単筒式構造を採用する全長調整式車高調『ダンパーZZ-R(ダブルゼットアール)』を軸に構築。ZN6型とは車重やトレッド幅が異なるため、減衰力やスプリングレート等のセッティングは今後GR86用に煮詰めていく予定だ。

 

 

「今作のテーマは“ストリートを安全安心に走る”です。ボディキットは、純正のボディラインを活かしつつブリッツらしさが感じられるデザインを目指しました。まだ試作のマスターモデルですが、ここからディティールアップさせていきますのでご期待ください」とは、ブリッツ広報の塩谷さん。

 

例にもれず、電子制御対策は一筋縄ではいかないようだが、ブリッツの開発力を持ってすれば攻略するのも遠くない未来の話だろう。

 

TEXT&PHOTO:Daisuke YAMAMOTO

 

 

【関連リンク】

ブリッツ

https://www.blitz.co.jp/