「第二世代GT-Rやシルビアなどの良質中古車を大量在庫!」オートクラフト【SPECIAL SHOP】

公開日 : 2021/05/27 11:00 最終更新日 : 2021/05/27 11:00


高品質な在庫の秘密は徹底した実走チェック!

 

コンディション重視で選びたい未来のオーナーは見逃すな

 

「クルマは購入がゴールじゃなくスタートだ」という考えに基づいて、良質なスポーツカーを販売するのが宮城県に店舗を構えるオートクラフトだ。

 

 

仕入れるクルマは、遠方であっても代表の高橋さん自らが足を運び、走りに影響が大きい部分を入念にチェック。入庫後はわずかな異音や振動も見逃さないように実走確認しながら、チューナーレベルでのメンテナンスを実施していく。また、R35GT-Rは地元のディーラーと提携し、診断機にかけてトラブルの兆候がないかも確認するほどの徹底ぶりだ。

 

 

2020年からは雨風が当たらず盗難も防げる、広大な屋内展示場をオープン。今後GT-Rはさらに高値となることが予想され、在庫車や預かったユーザーカーを守るために、以前から練っていた計画をカタチにしたという。

 

 

店舗には、2基のリフトを備えたピットの他に内外装クリーニング用のスペースも用意。責任を持って販売したいとの思いからメンテナンスは大半を自社で行ない、鈑金塗装などの作業は長年の付き合いがある提携工場へ委託しているそうだ。

 

 

もちろん、アフターケアやチューニングにも完全対応。こちらは、リフレッシュで入庫していたR34GT-R。オーナーからの経年劣化を抑えながら長く乗りたいとの意向を受け、費用と性能のバランスを考えつつ作業中とのこと。デッドストックの純正品や中古パーツも、独自のネットワークをフル活用して探してくれる。

 

 

ショールームに展示されているR35GT-Rと180SXは高橋さんの愛車。暇を見つけてはサーキットに足を運んで腕を磨いているそう。走りやチューニングの楽しさと難しさを熟知しているからこそ、仕入れのポイントやオーナーの気持ちが理解できるのだ。

 

 

「クルマは売買して終わりじゃありません。サーキットを走るにせよ街乗りにせよ、カーライフの始まりはそこからなんです。せっかくのマイカーが故障ばかりでは楽しくないし、乗り手の思い入れや愛着だって薄れてしまいます。好きなクルマだからこそ不安を感じることなく、長い相棒として付き合って下さい」と高橋さん。

 

要望があれば後々のチューニングやリフレッシュもOK。単なる中古車の購入だけでは終わらない、末長く付き合えるプロショップなのだ。

 

●問い合わせ:オートクラフト 宮城県仙台市泉区松森字陣ヶ前109-1 TEL:022−771−8650

 

【関連リンク】

オートクラフト

http://cf-autocraft.com