「700馬力のBNR34は温泉旅行最速仕様!?」サーキットアタッカーが育て上げた万能型スペシャル!

公開日 : 2021/05/09 06:30 最終更新日 : 2021/05/09 06:30


GTブロックベースの2.8L改700馬力仕様

 

迫力のワイドボディに315サイズのフージャーを収める!

 

この美しい純白のBNR34は、スーパー耐をはじめとするレースカテゴリーへの参戦経験を持つオーナーの相棒だ。温泉旅行から国際サーキットでのタイムアタックまで、ステージ問わずに楽しめるストリート仕様として仕上げているそうだ。

 

ちなみに、オーナーにとってこの車両は2台目のBNR34だったりする。R35GT-Rのパフォーマンスに惹かれて乗り替えたものの、どうしてもRB26DETT+MTの走りが忘れられず、BNR34を増車するカタチで再購入したのである。

 

 

エンジンはN1ブロック以上の強度が与えられたニスモ製GTブロックに、HKSのキャパシティアップグレードキット・ステップ2を組み込んだRB26改2.8L仕様。そこにボルグワーナー製のタービンをセットして、ブースト1.7キロ時に約700psを発揮させている。制御はフルコンのLINKが担う。

 

 

サスペンションはアラゴスタベースのスペシャル品。ブレーキも前後ともにエンドレスのレーシングMONO6キャリパーキットを投入するなど、各部に妥協のないパーツセレクトが光る。

 

 

ホイールはボルクレーシングのTE37SL(FR11J+17)で、タイヤにはフージャーのDOTラジアルA7(315/30-18)を組み合わせる。タイムアタックを見越したセットアップだ。

 

 

315サイズの極太タイヤを履くために選択したワイドボディは、片側30mmの拡幅が可能になるサンラインレーシング製。GTカー風のデザインがスパルタンな印象を高める。

 

 

室内はエアコン&オーディオ完備の快適仕様。先述の通り、旅行などのロングドライブにも使えるよう考慮されているのだ。なお、メインメーターはLINKのデータロガーに置き換えられており、サーキットアタック時に必要な情報のみを表示可能だ。

 

 

シートは運転席をブリッドのビオスIIIに、助手席をガイアスIIIにそれぞれ変更。ロールケージはクスコのダッシュ貫通タイプをセットする。

 

 

特徴的なカーボンヘッドライトダクトは、走行風をエアクリーナーへとダイレクトに導くもの。これだけでサーキット走行における吸気温度の安定性は別物だとか。

 

貴重なベース車両のため動態保存に入るオーナーが多い中、そんなことはお構いなしで走ってイジり倒す。何より、誰が見ても素直に“カッコ良い”と思わせるマシンメイクは、オーナーのセンス有ってこそのものだろう。

 

PHOTO:土屋勇人(Hayato TSUCHIYA)

●取材イベント:AREA34