「通勤グルマは700馬力の第二世代GT-R!?」若き女性オーナーが愛を注ぐフルチューンBNR34!

公開日 : 2021/05/06 06:30 最終更新日 : 2021/05/06 06:30


スポーツカーを乗り継いで憧れのBNR34を購入!

 

サーキット走行会から通勤までマルチに活躍

 

男性と比べると人口は少ないものの、チューニングカーを愛する女性オーナーも珍しくない。しかし、ここまでのフルチューンスペックとなると話は変わってくるだろう。今回紹介するBNR34は、まだ20代という若き女性オーナーが所有する一台だ。

 

 

心臓部は腰下にHKSの2.8Lステップ1キットを投入した上で、面研や燃焼室加工まで施したフルチューンヘッドをドッキング。そこに小型のGT2530Kaiタービンを組み合わせ、最大ブースト1.5キロ時に700psオーバーを発揮させている。制御はF-CON Vプロだ。

 

 

無骨なデザインのタワーバーは大阪の名門“オートセレクト”の逸品。車両購入後のチューニングやメンテナンスも同社が担当している。

 

 

サーキット走行会にも積極的に参加する車両のため、リヤにミッションオイルクーラーを備えるなど冷却関係の強化も抜かり無い。

 

 

足回りはオートセレクトの湾岸サスキット(F12kg/mm R10kg/mm)を軸に、クスコの調整式アッパーアームやトラクションロッドなどを投入してセットアップ。さらに、リニアなハンドリングを目指してフルピロ化を敢行し、ハイキャスもキャンセル済みだ。

 

ホイールは18インチのボルクレーシングTE37SL(11J+18)。ブレーキはフロントがブレンボの6ポットモノブロック、リヤがポルシェ純正の4ポットブレンボという組み合わせとなる。

 

 

スパルタンなチューニング内容とは打って変わり、室内はエアコンやオーディオを完備した快適仕様。ロールケージは備えていないものの、ドンガラ状態からフルスポット増しが施されており、想像以上の剛強ボディに仕上げられている。

 

 

フロントマスクは純正バンパーをベースに、オートセレクト製のカーボンカナードとアンダースポイラーをインストール。攻撃的な面構えだ。

 

 

リヤのGTウイングもオートセレクト製のアイテム。この他、ニスモのZチューンフェンダーやトップシークレットの軽量トランク、ファーストモールディングのカーボンボンネットなど、エクステリアパーツの大半が機能性重視のパーツチョイスとなっている。

 

 

ボディはダイハツ純正のブラックでオールペンされており、光が当たるとブラウンやゴールド系の色味が顔を出す。

 

紛うことなきフルチューン仕様だが、時には通勤に使用することもあるという。S15を経てFD3Sを購入し、現在はFD3S&BNR34の2台体制というチューニングカー女子の気合の入りっぷりには感服だ。

 

PHOTO:土屋勇人(Hayato TSUCHIYA)

●取材イベント:AREA34