「燃費もフィーリングもアップ!」N-ONE RS乗り必見のチューニングECUを名門シーカーが開発

公開日 : 2021/04/29 07:30 最終更新日 : 2021/04/29 07:30


使用目的に応じて2種類の仕様を展開

 

スピードリミッターもキャンセル!

 

ホンダ車チューニングの名門として知られる“シーカー”が、JG3型N-ONE RS用のチューニングECU「OPTIMUM ECU」をリリースした。

 

その内容は、最高出力を狙うものではなく、ダイレクトなアクセルレスポンスやスポーティさ溢れるフィーリングを追求したものだという。

 

 

 

このOPTIMUM ECUは、使用目的に応じて2種類の仕様をラインナップ。まずひとつ目の“バージョンゼロ”は、スピードリミッター解除とスロットルマップの最適化がメイン。市販のスロットルコントローラーでは実現不可能なフィーリングを実現する。

 

ふたつ目の“バージョンゼロ・デュアルモード”は、バージョンゼロのメニューに加えてECOモード選択時のセッティングを純正よりもさらに燃費重視に変更。スポーティ&エコを究極的に追求したスペックとなる。

 

 

価格は2仕様ともに4万5000円。施工はシーカーのファクトリーが前提だが、遠方のユーザーに向けてECU単体を郵送しての作業も対応可能とのこと。なお、製品は6MTモデルのみの対応となるのでその点に注意されたし。

 

●問い合わせ:シーカー 東京都杉並区宮前1-19-7 TEL:03-5336-7025

 

【関連リンク】

シーカー

http://www.seeker.co.jp/