「チューニングから走行会までシルビアを楽しみ尽くすメニューを提供!」ガレージミラルダ【SPECIAL SHOP】

公開日 : 2021/04/29 13:00 最終更新日 : 2021/04/29 13:00


シルビア&180SXは一訪の価値アリ!

 

チューニング&メンテナンスのノウハウも豊富なシルビア専門店

 

千葉県松戸市にガレージを構えるシルビア&180SXの専門店“ガレージミラルダ”。代表の高島さんは、トラブルが出がちなポイントからチューニングのツボまで知り尽くす。その手腕を頼り、不具合を抱えたユーザーが訪れる。まさにシルビア&180SX乗りの駆け込み寺ともいえる存在だ。

 

 

そんなミラルダが力を入れるのは、月1ペースで開催しているドリフト走行会。少人数で行われる上にアットホームな雰囲気なので、初心者でも気兼ねなく参加できる。クルマ作りや走り方について的確なアドバイスを受けられるので上達も早い。「とにかく楽しく走れるのが一番!」という考えで、パーツやチューニングを押し付けることはない。スキルに合ったメニューを提案してくれるのだ。

 

「楽しく走るなら330~350ps位がオススメ。ハイカムやGCGタービンを入れて、大容量インジェクターに交換。エアフロレスにしてパワーFCで制御すれば、十分パワフルですし、エンジンへの負担も少ないです」と代表の高島さん。

 

 

ただし、SR20エンジンは古くなってきたこともあり、定期的なメンテナンスは必須。経験上、オイル交換を怠るとラッシュアジャスターが飛びやすくなるそうだ。ミラルダでは、油膜保持性能の高さからモティーズを推奨。モティーズのエンジンオイルだけで8種類、MTオイルも7種類と粘度、銘柄を豊富に揃える。またワコーズやスノコも扱っておりオイル交換のみでも大歓迎だという。

 

 

オリジナルパーツの開発にも力が入る。D1ドライバー監修の元、開発を行ったArgusTypeRS車高調は、ドリフト、グリップ問わずに対応できる上に街乗りも快適。サスペンションプラスのスプリングを組み合わせたフルスペックモデルながら、19万5800円というリーズナブルなプライスを実現したガレージミラルダの自信作だ。

 

 

街乗りからサーキット走行まで幅広く使用できるシルビア&180SX専用パッド。初期制動力とブレーキフィールの良さに拘って開発した。ローター適正温度は60度~440度で、価格は1万8700円(各フロント、リヤ)。

 

 

甲高い乾いたサウンドを奏でるEXマニ(18万400円)は、レスポンスに拘りつつ、3mm厚のステンレス製とすることで割れにくいように設計。排気系ではメイン80φのオールステンレスマフラーも用意されており、こちらは路面と擦りにくい位置にフランジを設けたシャコタン対応設計だ。

 

 

ちなみにS13のデモカーはドリフト大会仕様。ドリフトマッスル・筑波ではエキスパートクラスで優勝を飾ったこともある。エンジンは、ボルグワーナーEFRタービンや東名プロカムなどを組み込んだフルチューン仕様で、最高出力488psを発揮。ライトな仕様からハイチューンまで幅広く対応してくれる点も魅力といえる。

 

 

「筑波サーキット、ジムカーナ場などでドリフト走行会を開催しています。アットホームな雰囲気なのでひとりでも気軽に参加できるし、参加台数を制限していて1日中走れるので練習になりますよ。次回は5月14日(金)なので、興味がある人は気軽にお問い合わせください」と高島さん。

 

メンテナンス&チューニング、そしてサーキット走行会とシルビア&180SXを楽しみ尽くすためのメニューの数々はオーナーであれば見逃せないものと言えるだろう。

 

●問い合わせ:ガレージ ミラルダ 千葉県松戸市北松戸1-6-1-10 TEL:047-361-2422

 

【関連リンク】

ガレージミラルダ

http://www.miralda.net