「打倒欧州ホットハッチを誓う二代目フィットRS」ワイドボディ&ターボ仕様で勝負!

公開日 : 2021/04/18 06:30 最終更新日 : 2021/04/18 06:30


GT-Rタービンでオーバー200馬力を達成!

 

仮想ライバルは欧州のメーカー純正ホットハッチモデル

 

高い技術を持つボディショップとして名高い“タケローズ”。ベース車の有する固定概念的な車格に拘ることなく、ミニバンを徹底的に軽量化&エンジンチューンしてサーキットアタックに挑むなど、その遊び心に共感するファンも多い。

 

 

そんなタケローズが一時期、チューニングベースとして力を注いでいたのが、ホンダの2代目フィット(GE型)だ。ここで紹介する車両は1500ccエンジンにマニュアルミッションを搭載したRSがベースで、VWゴルフやBMWミニといったユーロスポーツを仮想ライバルに設定して進化を続けたチューンドだ。

 

 

心臓部のL15Aエンジンは本体ノーマルのまま、オリジナルアダプターを介して第二世代GT-Rの純正タービンをドッキング。F-CON Vプロによる綿密な制御と組み合わせることで約200psを発揮している。

 

 

足回りはタケローズオリジナルのハイパフォーマンスダンパー(F8kg/mm R6kg/mm)を軸に構築。ブレーキは300mmローターを装備する4ポッドキャリパーシステムを組み込んでターボパワーを受け止める。

 

 

一方のエクステリアは、オリジナルのワイドディキット(34万円)でフル武装。これはタケローズが高機能とスタイルアップを目指して本気で開発した自信作で、ワイド幅は前後50mmという設定だ。

 

 

ワイドボディキットに含まれるフロントバンパーは、開口部を大きく取ってラジエターやオイルクーラーに積極的に走行風を導けるよう配慮。先端および両サイドのアンダーカナード形状は、空力効果はもちろんビジュアル的にもフェイスを引き締める。なお、サイドダクトには純正フォグを装着することもできるが、この車両はLEDのライトキットを装備する。

 

 

リヤにはガーニーフラップ付きのリヤウイングを装備。高速域やブレーキング時にリヤの挙動を安定させてくれる高機能パーツだ。

 

 

ディフューザー形状のリヤバンパーもワイドボディキットの専用品。エキゾーストマフラーはターボ用に製作されたメイン60φのストレートタイプだ。

 

 

室内はストリート然とした仕上がりだ。助手席側の3連メーターフードはタケローズのオリジナル製品。追加メーターの装着場所に困るフィットのカスタムには必須アイテムと言える。

 

 

「ノーマルに対して、ワイドボディで差別化しているのはもちろん、エンジンのターボ化や大型キャリパーなどトータルでポテンシャルを高めたホットハッチです。GE8は世界戦略モデルなんですから、RSの名が付く以上はこのくらいじゃないとね。オーナーの皆さまもそう思っている方が多いようで、問い合わせは結構きますよ」とは、タケローズの佐藤さん。

 

標準車とは異なるマッシブなスタイリング、そして高いエンジンパフォーマンス。それらを従えなければ真のRSにはなり得ない。オーナーが心の奥に秘めた願望を具現化したチューンド、それがこのフィットRSなのである。

 

●取材協力:タケローズ 東京都武蔵村山市伊奈平3-27-2 TEL:042-569-1425

 

【関連リンク】

http://www.takeros.jp/index.html