「響き渡る4ローターNAペリの快音!」FD3Sサーキットスペックが筑波に挑む

公開日 : 2021/04/03 06:30 最終更新日 : 2021/04/03 06:30


そのサウンドはまさに往年の787Bそのもの!

 

シェイクダウンで一線級の戦闘力を証明

 

1991年のル・マンを制したマツダ787Bと同様の4ローターエンジンを積んだFD3Sの登場だ。サーキット走行を好むオーナーが、理想のロータリースポーツを追求して作り上げた究極スペックである。

 

 

何はともあれ心臓部だ。スクートスポーツが長い時間を費やして開発したオリジナルの13B改4ローターユニットは、ペリフェラルポートのNA仕様で585ps/60kgmというパワースペックを誇る。レブリミットは9500rpmの超高回転ユニットで、ドライサンプ化も施されている。組み合わされるミッションはクワイフ製だ。

 

 

インダクションボックスで視認できないが、スロットルは戸田レーシングの4連を搭載。EXマニも完全等長を与え、ヴィーペックのフルコンV88による綿密なマネージメントにより、タイムアタックでも扱いやすいフラットトルクを実現しているのだ。

 

 

 

足回りはクラックスベースの車高調を軸にセットアップ。バネレートは前後20kg/mmだ。リヤはパワープラントフレームを撤去してフルリジット化を敢行。LSDはATSのカーボンをセットする。

 

 

787Bへのリスペクトを感じるホイールは、国産鍛造メーカー“フロントライン”のFLS-13。アタック本番ではアドバンA050をセットしたアドバンレーシングGTを履いていた。

 

 

レーシングカーさながらのフル溶接ロールケージが印象的なインテリアは、完全なサーキット仕様という雰囲気。アンダーコート剥がしはオーナー自らが作業したそうだ。各部の徹底した軽量化により、車重は1005kgまで絞り込まれている。

 

 

エクステリアは前後フェンダーやそれに繋がるエアロパーツ関係、ハーフドア化などサーキットアタックへ向けて随所にリメイクを敢行。こうしたモディファイの結果、シェイクダウンにも関わらず筑波57秒594という好タイムをマークしたのだ。

 

ちなみに、筑波NAロータリー最速は3ローターのFD3S(鮫フルステージ☆ENDLESS/シャーク井入)が2018年に記録した55秒595。このタイムを超える速さを、至宝の4ローターユニットで達成してくれる日に期待しよう。