「GRヤリスのTRDリヤバンパー専用マフラーが誕生!」カキモトレーシング渾身の4本出し仕様

公開日 : 2021/03/31 07:30 最終更新日 : 2021/03/31 07:30


マフラー交換だけでも約5馬力アップ!

 

保安基準適合でストリートでの使用も安心

 

GRヤリス用にエキゾーストシステムのラインナップ拡充を図る“カキモトレーシング”。基軸となる『クラスKR』はすでにリリース済みだが、その派生モデルとなる『TRD GRリヤバンパー用』が新設定された。

 

 

この製品は、その名の通りTRDのリヤバンパースポイラーを導入している車両のために設計された、クラスKRの4本出しバージョン。メインパイプ径は70φ→60φ×2(左右)となっており、標準バンパー用クラスKRの70φ→50φ×2(左右)を上回る容量となっている。

 

 

カキモトレーシングのパワーチェックテストでは、ノーマルの277.2psから282.3psへと5.1psの出力向上を確認。このパワーアップ値はマフラー交換だけでのものなので、ここにECUセッティングを組み合わせていけばマフラー交換の優位性はさらに大きくなるというわけだ。価格は19万5000円。もちろん保安基準適合モデルなので、安心してストリートで性能を堪能できる。

 

●問い合わせ:カキモトレーシング TEL:072-265-5050

 

【関連リンク】

カキモトレーシング

https://www.kakimotoracing.co.jp