「この初代NSXは魅力的すぎる!」車格を活かした大人のオートマ+スーパーチャージャー仕様

公開日 : 2021/03/08 06:30 最終更新日 : 2021/03/08 06:30


気負わずストレスなく付き合える

 

素材の良さを活かしたやり過ぎない大人向けチューニング!

 

日本が世界に誇るスーパースポーツにしてバブル景気が産んだ伝説の名馬、初代「NSX」。オールアルミのシャシーにVTECエンジンをミッドシップレイアウトで搭載したパッケージは、デビュー当時を知る世代にとって特別な存在に違いない。

 

HKS九州サービス NSX

 

そんな稀代の和製スーパースポーツに、長距離移動も難なくこなせるグランドツーリング性能を持たせたのが、九州におけるチューニングシーンの歴史を支えてきた“HKS九州サービス”だ。

 

HKS九州サービス NSXのエンジンルーム

HKS九州サービス NSXのエンジンルーム

 

3.0L・V6のC30Aエンジンは、オリジナルのプレートを介してHKSのGTS7040スーパーチャージャーをドッキング。F-CON iSによる綿密なマネージメントによって実測で390psを発揮させている。インタークーラーを含めた過給機の構成パーツはオーバーヘッドレイアウトとなっているが、これは「純正戻しが簡単にできるように考えて作ったんですよ」とHKS九州サービス竜円代表。

 

HKS九州サービス NSXのルーフ

HKS九州サービス NSXのマフラー

 

エンジンカバーはNA1/NA2全盛期にHKS九州サービスがオリジナルパーツとして製作したもので、走行風をルーフ上から引き込んでエンジンルームへと導くデザインだ。マフラーはR35GT-Rの純正品をベースに製作したワンオフ品で、静音性能&排気容量ともにバランスの取れたスペックだという。

 

HKS九州サービス NSXのコクピット

 

ステアリングがMOMOのスポーツタイプに変更されている以外は、シンプルなインテリア。ATミッションということでイージードライブも楽しめる。

 

HKS九州サービス NSXのシート

 

シートにはホワイトレザーで張り替えられたレカロSR-3をセット。2名乗車のNSXだが、快適性を重視してセミバケット式をチョイスしているのがポイントだ。

 

HKS九州サービス NSX

 

NSXデビュー当時は空前のチューニングカーブーム。HKS九州サービスでも新車ベースでターボチューンを敢行するなど、過激な仕様を何台も作ってきた。あれから約30年の月日が流れ、現在は耐久性や扱いやすさもチューナーに求められる大きな要素となっている。

 

そんな時代の移り変わりを肌で感じてきたHKS九州サービスが仕上げたこのNSXは、チューニングカーの酸いも甘いも経験した玄人にこそ乗ってほしいジェントルな作り込みが光る1台だ。

 

●取材協力:HKS九州サービス 福岡県北九州市小倉南区蜷田若園3-12-15 TEL:093-931-6910

 

【関連リンク】

HKS九州サービス
http://www.hks-kyusyu.co.jp