「HKSの本気を感じる究極の吸気システム」GRスープラ用のコールドエアインテークが登場!

公開日 : 2021/03/07 11:00 最終更新日 : 2021/03/07 11:00


インテークボックス単体での購入も可能!

 

レーシングサクション仕様からのバージョンアップにも最適

 

HKSが展開する究極の吸気システム”コールドエアインテーク”シリーズに、GRスープラ(DB42/DB02)用が登場だ。

 

この製品は、剥き出しエアクリーナーをドライカーボン製のインテークボックスに収めることで、エンジンルームの熱害を遮断。フレッシュエアをダイレクトに取り込める構造とし、大幅な吸気温度の低減を実現する。また、軽量マテリアルの採用によって純正比マイナス500gの軽量化を達成しているのもトピックと言えよう。

 

HKS コールドエアインテーク

 

なお、このアイテムはレーシングサクションの発展版という位置付けで、既にレーシングサクションを装着しているユーザーのアップグレードにも最適だ。価格はフルキットが18万円、インテークボックス単体が10万円となる。

 

●取材協力:エッチ・ケー・エス 静岡県富士宮市北山7181 TEL:0544-29-1235

 

【関連リンク】

エッチ・ケー・エス

https://www.hks-power.co.jp