「285万円の最強パッケージ!」HKSがVR38DETT改4.3Lショートブロックキットを発売へ

公開日 : 2021/02/20 13:00 最終更新日 : 2021/02/20 13:00


HKS製4.3Lキットを最高の状態で味わえる!

 

R35GT-Rオーナー必見のショートブロックキット

 

ハイパワー指向のR35GT-R乗りに向けたVR38DETT改4.3LショートブロックをHKSがいよいよ市場に投入する。これは、同社がD1グランプリやタイムアタックなどの過酷なステージで培ったノウハウを全投入した意欲作だ。

 

ショートブロック VR38 4.3L STEP3

 

HKSでは2020年に4.3L仕様のコンプリートエンジンを発表したが、今回の製品はその“ヘッド無しバージョン”と考えてOK。

 

シリンダーブロックはサイズアップを施したオリジナルのスタッドボルトを使用している他、クランク干渉の逃し加工、ラダーキャップの穴拡大&ザグリ、ジャーナル穴のラインボーリング、ホーニングなどの加工が施される。

 

ショートブロック VR38 4.3L STEP3

 

ムービングパーツは、モリブデンコートを施したピストンや高強度のH断面コンロッド、削り出しのクランクで構成。ボア×ストロークは95.5φ×99mm(純正は95.5φ×88.4mm)。その数字だけ見ても、いかにロングストローク化しているかが理解できる。

 

ショートブロック VR38 4.3L STEP3

 

高回転域にクランクがねじれて発生する振動を抑えるダンパープーリーは、ATI社と共同開発したVR43専用品を採用する。

 

ショートブロック VR38 4.3L STEP3

 

価格は285万円。この腰下があればどんな仕様も作ることができる。チューニングの可能性を無限大に広げる、究極のエンジンパーツが誕生したというわけだ。

 

●取材協力:エッチ・ケー・エス 静岡県富士宮市北山7181 TEL:0544-29-1235

 

【関連リンク】

エッチ・ケー・エス

https://www.hks-power.co.jp