「2021年はZ33が面白い!」スピリット玲の新作エアロパーツがついにデビュー【幻の東京オートサロン】

公開日 : 2021/01/28 06:30 最終更新日 : 2021/01/28 06:30

ワイドボディキット“華艶”の世界観を純正幅で表現!

 

構成パーツを厳選してライトユーザーのとっつきやすさを重視!

 

今回紹介するフェアレディZ(Z33)は、カスタムファクトリー“スピリット玲”のオリジナルエアロシリーズ『華艶(カエン)』でフル武装したチューンド。レッドの方は2017年にデビューさせたワイドボディキットを、ホワイトの方はナローボディ用の新作キットをそれぞれインストールしているのが特徴だ。

 

 

最新作となる“華艶 ver.narrow(カエンバージョンナロー)”は、純正幅でワイドボディ仕様のアピアランスを表現した意欲作。細部をチェックしていこう。

 

 

このキットには「手軽に華艶の世界観を楽しんでもらいたい」という作り手の想いが込められており、構成はフロントバンパー、アンダーディフューザー(フロント/サイド/リヤ)、リヤサイドジェネレーターの5点。パーツ点数を絞って低価格化を狙っているのだ。

 

 

フロントバンパー&ディフューザーは、華艶特有のシャープな造形を維持したまま純正フェンダーに合わせてリメイク。エッジの効いたデザインがポイントだ。

 

 

サイドディフューザーも個性的だ。前後のボリュームバランスを整えつつ、のっぺりとしたサイドビューに抑揚のあるアクセントを加えている。取り付け部はグラつきやガタつきが出ないように拘ったという。

 

 

リヤディフューザーは純正幅に合わせて取り付け部を再設計。リヤサイドジェネレーターは華艶と共通パーツだ。小ぶりのリヤゲートスポイラーは、元々ワイドボディキット用に開発したものだったが「こちらの方がしっくりくる」との理由でインストールしている。

 

 

なお、この車両はドリフト仕様として進化中のため、各部のチューニングも徹底。足回りは326POWERのチャクリキダンパーを軸に構築し、ドリフトに重要な切れ角アップはGKテックのキット(ロアアーム、アッパー、ナックルアダプター)によって達成している。

 

 

ホイール&タイヤは、ワークのワークエモーションXD9(10.5J)にピンソ(235/35-19)の組み合わせ。車高は展示スペシャルとのことで、走行時はここから40〜50mmほど上げて、タイヤ&ホイールも18インチにするという。

 

 

室内はスマートな仕上がりだ。ステアリングハンドルは326POWERのラリークイック、シートはブリッドのガイアスを装着。今後はリヤトランク部に予備タイヤを積めるように、サスタワーを連結しているフレームのカットを予定しているそうだ。

 

 

ちなみにこのZ33は、かつてD1グランプリシリーズでも活躍し、現在はガレージUGというショップを経営している吉岡秀一さんの愛車だったりする。エアロパーツの正式リリースはもちろん、このチューンドのドリフトシーンでの活躍にも期待したいとことだ。

 

TEXT:山本大介

PHOTO:山本大介/金子信敏

●取材協力:スピリットレイ 鳥取県鳥取市六反田5-5 TEL:0857-54-5055

 

 

【関連サイト】

https://www.spirit-rei.com/