「技術屋集団“OS技研”の原点に迫る」10代でバイク用エンジンを開発した天才の挑戦

公開日 : 2021/01/22 15:00 最終更新日 : 2021/01/22 15:42


40年前に市販化したL型6気筒用のオリジナルDOHCヘッド、TC24-B1。それを現代の技術で蘇らせたTC24-B1Zが注目を集めている岡山のオーエス技研。昨今では駆動系パーツの名門として広く認知されているが、OPTION誌では、その創業者である岡﨑正治氏の半生を3号に渡って展開中だ。今回は、その導入部分をお届けしよう。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ゼロからの出発で世界的メーカーを創出

 

10代でバイク用エンジンを開発

 

オーエス技研創業者・岡﨑正治氏

 

オールバックでまとめられた白髪、眼鏡の奥に伺える鋭い眼差し。やや早口な岡山弁で語るその姿は、とても傘寿を過ぎているとは思えない。少なくとも自分の中では、TC24の取材で初めて訪れた20数年前のイメージと、そう大きく変わらない。岡﨑スピード技術研究所、略してオーエス技研。一代で世界的メーカーを築き上げた創業者、岡﨑正治氏のことである。

 

岡﨑氏が生まれたのは昭和12年。幼少の頃は身体が弱く、一度生死の縁をさまよったというが、実家は岡山市内の地主で、終戦を迎える昭和20年までは裕福な暮らしができていた。

 

「ところが、終戦で何もかも取られてな。価値観までもがガラッと変わってしまった。その後はなかなか大変だったよ。親父は畳の織機を買うて仕事を始めたんだけど、ホコリというか泥の微粉がすごくて、それを吸って肺病を患った。生活も近所の家に風呂を借りに行くような、今では考えられんくらい原始的なもんだった」。

 

 

終戦を迎えた時、岡﨑氏は小学4年生。すでにバイクやクルマに興味を持っていたが、戦後アメリカ進駐軍がジープで走り回る様子を目にし、悪路や階段さえもものともしない4WD車の走破性の高さに驚いたという。

 

また、岡山には古くから農業用発動機(農発)メーカーが数多く存在。最盛期には50~60社を数えるほどで、岡﨑氏にとっては幼少の頃から農発が身近にあったため、エンジンに対して抵抗がない環境だった。聞けば、8歳の頃にはすでに農発のフライホイールにスパナを括り付けて回転バランスを見たり、自己流で改良を加えたりなど、すでに技術者としての片鱗を見せていたのだから、驚きだ。

 

「ただ、あの時分はまともな機械なんかないわけ。機械とはいうけど、機械じゃないわな。あるものを持ってきてくっつけただけのシロモノで、自分であれこれやってみたけど、あんまり影響はなかったな」と岡﨑氏は笑う。

 

昭和42年頃、岡﨑氏がフレームからワイドリムホイールまでつくったFL360。サスペンションアームやナックルも手づくりだ。ボディサイドの「77-6609」は、市外局番を除いたオーエス技研の代表電話番号。

 

農発メーカーのうち数社は戦後、バイクの生産も手がけるようになり、岡山にはナショナルやシルボンというブランドが誕生した。それらは当時、性能的にはホンダのバイクを上回っていたという。そんな環境にいた岡﨑氏は当然バイクをいじるようになり、18歳の時には自ら木型を作って単気筒エンジン用のシリンダーブロックを鋳物で吹いてもらい、ピストンなども作って完全オリジナルのバイク用エンジンを完成させる。フレームも既存のモノを流用したり、イチから設計したりなど、2~3モデルを創出した。

 

岡﨑氏は言う。「その頃、日本のバイク用エンジンはみんなOHVだったんだけど、わしが作ったんはOHC。映画が始まる前に流れるニュースや雑誌で情報を得て、それを見ながら想像を膨らませてエンジンを設計する。イタリアのバイクなんかはすでにOHCやったけど、日本にはないもんだからそりゃ興奮するわけで」。

 

パイプフレームの組み方やサスペンションなどが近代的になった平成初期のFL500。装着される3本スポークタイプのワイドなアルミホイールは岡﨑氏が木型からつくったオリジナルだ。

 

一言でエンジンを作り上げるといっても、そもそもパーツを作るための工作機械がない。そこで、本来なら丸いモノしか削れない旋盤を加工してシリンダーを掘る作業などを行なっていたという。すでにあるものを土台にして新たなモノを創り出す。工作機械を改造するところから始まる“モノづくり”には、今では想像が及ばない。

 

また、カムシャフトやロッカーアームの耐摩耗性をどう確保するかということも問題になった。今では良い材料があり、高度な熱処理の手法も確立されているから誰がやってもできるようになっているが、その当時はなかった。つまり、まずはそれに合う材料を探すところから始めるわけで、気の遠くなるような作業だったと言える。

 

 

岡﨑氏は昭和42年、31歳の時に美智子さんと結婚。一女をもうけた。その後、人生を共に歩む美智子さんの存在が、オーエス技研の存続に大きく関わることになるのであった……。(これ以降の内容はOPTION本誌で!)

 

 

【関連リンク】

購入はこちらから!