「ついに20インチモデルが追加!」FIA-GT3をルーツに持つボルクレーシングGT090【最強ホイール解体新書】

公開日 : 2021/01/21 11:00 最終更新日 : 2021/01/21 11:00


R35GT-Rを始めとするスポーツモデルに対応!

 

ハイパースポーツを支えるGT090がプレミアムゾーンに進出

 

FIA-GT3用ホイールをルーツに、応力分散と軽さに優れた9本のスリムスポークで誕生したボルクレーシング新シリーズがGT090だ。

 

レイズボルクレーシングGT090

 

このGT090は、600psオーバーでトラクション性能に優れたハイパースポーツをターゲットに開発されたモデルだ。そのため、これまではレイズが次世代サイズとして見据える21インチのみのラインアップを貫いていた。そんな拘りが発信されて一年、ついに市場からのラブコールに応えるカタチで20インチの展開をスタートさせることとなった。

 

レイズボルクレーシングGT090

 

圧倒的な足長感こそ薄れたが、剛性を確保しながら天面がスリムに見えるようにデザインされたスポークなど、GT090ならではの機能美は20インチでもしっかりと踏襲されている。また、光輝調が生み出す陰影で造形美を強調すべく、G025へ与えられた新色のシャイニングブラックメタルも採用された。

 

レイズボルクレーシングGT090

 

スポークサイドのウエイトレスホールは、スポーク長の変化に合わせてミリ単位でコントロール。剛性の高いセンターパート寄りは大きく、負荷のかかるスポークエンドは小さく…といったアレンジが施されている。

 

レイズボルクレーシングGT090

 

ウエイトレスホールに視線が奪われるが、美しさの要となっているのは天面をスリムに魅せるスラント形状としたスポークだ。軽量と高強度の双方を突き詰めたGT3ホイールの機能美が、大口径ディスクならではの足長感も高めていく。

 

レイズボルクレーシングGT090

 

サイドウォールが薄くなる大口径だからこそ、外周部視点でのアクセント付けは欠かせない。ハイパースポーツの足元を飾るに相応しいデザイン性を持たせるべく、リムフランジへロゴとラインを組み合わせたマシニングが施された。

 

レイズボルクレーシングGT090装着のR35GT-R

 

鍛造だからこそ可能な美しさを性能とともに引き出したGシリーズとは異なり、高性能が放つ美しさを突き詰めたGTシリーズ。20インチが基準となるR35GT-RやGRスープラ乗りで、本物が欲しいと願うならばこのモデルはその期待に必ず応えてくれるだろう。

 

製品仕様

20×8.5J〜20×12.0J:12万4000円〜13万6000円

21×9.0J〜21×12.0J:15万円〜16万7000円

 

●問い合わせ:レイズ TEL:06-6787-0019

●製造元:レイズエンジニアリング

 

 

【関連リンク】

レイズ

https://www.rayswheels.co.jp