「レスポンス重視でR35GT-Rを鍛え上げる!」仕様変更を重ねて辿り着いた4.1L仕様の圧倒的戦闘力

公開日 : 2021/01/19 06:30 最終更新日 : 2021/01/19 06:30


あらゆる仕様を試して行き着いた珠玉の4.1Lフルチューン!

 

中間トルク重視のセットアップで劇的なタイムアップを実現

 

フェニックスパワーのR35GT-Rにわずかコンマ1秒届かなかったものの、RH9主催の鈴鹿サーキット走行会を大いに盛り上げてくれたウイングタケオのGT-R。熟成を重ねてきたデモカーで記録したのは、自己ベストを大幅に更新する2分4秒309だ。

 

 

タイムアップの要因は、第一に低中速トルクの向上である。排気量を4.0Lから4.1Lに拡大した上で、タービンをTD06SH-25GからTD06SH-20RXへと敢えてサイズダウン。タービン風量を使い切る方向でセットアップを進めることで、レスポンスを向上させている。最大ブースト圧は1.85キロで1000ps&115kgmというスペックだ。

 

「5速や6速でのパワーの伸びは若干落ちましたが、中間域は抜群に良くなりましたね。6速でも3000rpm前後には過給圧が1.7キロまで掛かるなど、アクセルと直結するようなパワー感です。レスポンスが良いのでS字ではより早く抜けていけるし、鈴鹿にはベストマッチングだと思います」と代表の竹尾さん。

 

 

RH9のチタンマフラーはメイン90φから100φのモデルへと変更し、高出力化に備える。ガソリンは市販ハイオクにレースガスを混ぜて使用している。

 

 

クラックスベースのオリジナル車高調はトラクションを稼ぐ方向でセッティングを見直した結果、フロントよりリヤのバネレートが高まったという(F20kg/mm R24kg/mm)。また、リヤのアーム類も全てピロ化することで、不要なたわみを無くしている。

 

 

ブレーキはフロントがエンドレスのモノブロック6ポット+APレーシング400mmローター、リヤにはRH9オリジナルの400mmローターを装備する。

 

 

タイヤはフュージャーのDOTラジアル(F305/30R20 R335/25R20)。縦方向のグリップ力に優れているが、横方向のヨレは大きい印象だとか。今回は午前のアタックでハードコンパウンドを、午後はソフトコンパウンドを使用した。エア圧は温間2.2〜2.3キロに設定し、タイヤウォーマーも投入していた。

 

 

シートは運転席がレカロのRS-G、助手席にはSR-7を装備。コクピットにセットされているのは、前後のトルク配分を細かく設定できるネココーポレーションのETSコントローラーだ。

 

 

RH9走行会のレギュレーション変更によってワイド幅のフロントスポイラーが使用不可となり、フロントのダウンフォース不足が課題となった。そこで新たに大型のカーボンカナードを投入。エクステリアはトップシークレットのフルエアロ仕様で、GTウイングはオリジナルのドライカーボン製をセットしている。

 

 

盤石の態勢で挑んだ今回(2020年12月)の鈴鹿サーキットアタック。終盤にR35GT-R最速タイムをマークしてナンバー1の座に付くも、直後(終了間際1分)にフェニックスパワーのデモカーが大逆転するという劇的な展開に。ウイングタケオにとっては悔しい結果となってしまったが、あと1アタックできたら勝敗の行方は変わっていたかもしれない。来シーズンの躍進に期待したい。

 

●取材協力:ウイングタケオ 三重県三重郡川越町高松86-1 TEL:059-364-1225

 

【関連リンク】

ウイングタケオ

http://www.re-wing.co.jp