「R35GT-R鈴鹿最速タイムをついに更新!」怒涛の1180馬力で駆け抜ける純タイムアタック仕様

公開日 : 2021/01/12 06:30 最終更新日 : 2021/01/12 06:30


綿密なセットアップを重ねてついに悲願達成!

 

圧倒的ハイパワーが実現する国際サーキット攻略マシン

 

“R35GT-R鈴鹿サーキット最速”という目標を掲げてアップデートを続けてきたフェニックスパワーのR35一号車が、2020年12月のRH9走行会でついに悲願を達成した。

 

シーズンオフ中に、排気量アップやレースガスの採用、ファイナル変更、タイヤサイズの拡大など、様々なパートに改良を加えた結果、2019年末にマークした2分8秒7から4秒近くのタイムアップを実現。ウエストスポーツが保持していた2分4秒649を上回る2分4秒218という強烈なタイムをマークし、見事にR35鈴鹿最速の座に輝いたのだ。

 

 

その速さの原動力となったのは、限界までポテンシャルを高めたVR38ユニットだ。これまでの3.8L強化仕様からHKSの4.3L仕様へとスイッチ。これに実績が豊富なTD06SH改25Gタービンを組み合わせる。レースガスを100%使用して現車合わせセッティングを行うことで、最高出力1180㎰、最大トルク124.6kgmという圧倒的なパワーを手に入れた。

 

 

溢れんばかりのトルクを活かすべく、フロントをワイドフェンダー化し、前後とも335サイズのフージャーDOTラジアルを装着。エア圧は温間2〜2.2キロにセットする。ホイールはボルクレーシングTE37T2で、フロントは12Jプラス12×20インチ、リヤが12Jプラス15×20インチというサイズ構成。

 

 

ブレーキはAPレーシングキャリパー(F6ポット&R4ポット)で、ローターはフロント410mm、リヤ400mmという大径サイズ。サスペンションはアラゴスタベースのフェニックスパワーオリジナル(F40kg/mm R36kg/mm)を投入している。

 

 

一方のインテリアは、鈴鹿最速ランナーながらストリートの雰囲気を強く残している。レカロ製のスポーツシートは運転席がフルバケット、助手席がリクライニングタイプ。もちろんエアコンもしっかり作動する。軽量化はなしだ。

 

 

RH9走行会のレギュレーション変更によってワイド幅のフロントスポイラーが使用不可となり、フロントのダウンフォース不足が課題となった。そこでオリジナルのカーボンフロントリップスポイラーに加え、タイヤに空気が当たらないよう両サイドに小振りなエアガイドを追加。空気抵抗を減らすことでリフト予防に繋げている。リヤのGTウイングはHKSテクニカルファクトリー製の逸品だ。

 

 

アタックを担当した谷口信輝選手は「アタック1本目から良い感じだったけど、タイムが最速に届いていなかったからブーストを0.1キロ上げて再アタック。それまでは裏ストレートで300km/hに届くか届かないかくらいだったのが、軽く超えるようになった。それと、弱アンダー気味のセッティングでオーバーステアが少ないのもタイムアップの要因。トラクションもキッチリかかるからコーナーで我慢すれば出口で踏んでいけるんだ。2分3秒台も現実味を帯びてきたと思うよ」とコメント。

 

 

フェニックスパワー横山代表は「R35のキャラクターでは、とにかくパワーを引き出してストレート区間でタイムを稼ぐのが肝心。それがうまく噛み合いましたね。来シーズンは3秒台に入れたいです!」と熱く語る。さらなる進化に期待したい1台だ。

 

●取材協力:フェニックスパワー 福井店:福井県坂井市丸岡町朝陽2-317 TEL:0776-67-2980/京都店:京都府久世郡久御山町佐古外屋敷37-2 TEL:0774-48-1157

 

【関連リンク】

フェニックスパワー

http://www.phoenixs.co.jp