「高回転型の1000馬力を宿す美しすぎるBNR34」羊の皮を被った超高速ツアラーの登場だ!

公開日 : 2021/01/06 06:30 最終更新日 : 2021/01/06 06:30


超ビッグシングルタービンを高回転で炸裂させる!

 

1000馬力を受け止める全方位チューンド

 

今やR34GT-Rというだけでもかなりの価値だが、ミレニアムジェイドカラーのこのマシンはその中でも貴重なVスペックIIニュル。R34、すなわち第二世代GT-Rの生産終了を記念したわずか1000台(Mスペックと合わせて)の限定モデルだ。

 

 

ベースはオーナーが6年ほど前に走行距離1万キロ台で手に入れた極上車で、“ピットロードM”により高速ツアラーとしてのパフォーマンスを注入。2020年10月に完成したばかりの最新仕様では、パワー系にさらなるチューニングが施されている。

 

 

名機RB26DETTエンジンは腰下をHKSのステップIIキットで2.8Lに排気量アップし、ナプレックのドラッグヘッドとドッキング。カムは東名パワードのIN/EXとも290度。「下はいらない」というオーナーの意向で、定番のVカムシステムはあえて導入していない。エンジン制御はHKSのF-CON Vプロが担う。

 

 

そして何と言っても注目なのが、ボンネットを開けた瞬間に目に飛び込んでくる巨大なギャレットG42-1450タービン。その名の通り最大出力1450psが狙えるGシリーズ最大サイズを誇るものだが、最新設計によるハイレスポンス性能により、それまでのHKS-T62R以上のパワーと乗りやすさを実現。最大ブーストは1.9キロの設定で、最高出力1000ps、最大トルク100kgmを獲得している。

 

 

127φのインレットポート径に合わせてスペシャル加工が施されたエアクリーナーも大迫力。サージタンクはトラストで、ナプレックのビッグスロットルを組み合わせている。

 

 

排気系はエキゾーストマニフォールドがIRレーシングの45φワンオフSPL。フロントパイプは90φ、マフラーはピットロードMによる100φチタンスペシャルという構成だ。

 

 

ドライブトレインはミッションがOS技研のシーケンシャルドグ。クラッチはATSのカーボントリプル、フロントデフをATSのカーボンLSDに変更している。

 

 

足回りもエンジンに負けないスペシャルな内容になっている。車高調は緑整備センターのナイトロントリプルチューブタイプダンパーに、フロント14kg/mm、リヤ10kg/mmスプリングの組み合わせ。アーム類はイケヤフォーミュラのピロボールタイプに変更。前後のスタビライザーはarcの強化タイプとしている。

 

 

ブレーキはフロントがAPレーシングモノブロック6ポットキャリパーに382mmローター、リヤが同4ポットキャリパーに356mmローターという組み合わせだ。

 

 

ホイールはアドバンレーシングGTでサイズは前後とも10.5J×18+15、タイヤは前後とも265/35サイズのアドバンA050だ。

 

 

ノーマルの雰囲気をしっかりと残したインテリア。メーター周辺に追加されているのはシフトインジケーターとトラストシリウスメーター(ブースト)、A/F計。センターコンソールにはブースト制御用のEVC7が収まる。

 

 

ドライバーズシートはレカロRMSのカーボンシェルタイプに変更。よりフィット感を高めるためにオプションのパッドに変更している。

 

 

試乗インプレッションを担当した井入宏之選手によると、パワーバンドは6000〜8000rpmでギヤ比もワイドなためにサーキット向きではないが、フルブースト領域のパワーフィールは異次元レベルとのこと。一見ノーマル風の外観からは想像できないエキサイティングなパワーをねじ伏せる快感は、他では体験できないものだ。

 

●取材協力:ピットロードM 兵庫県姫路市安富町安志912 TEL:0790-66-3359

 

【関連リンク】

ピットロードM

http://www.pitroadm.com