「13Bペリサウンドを轟かせるSA22C痛快ゼロヨン仕様!」昭和感に満ちたスペックに注目

公開日 : 2021/01/04 13:00 最終更新日 : 2021/01/04 13:00

NAながらペリチューンで280馬力を発揮!

 

RBエンジン用を使った多連スロットルも注目

 

固定ヘッドライト仕様に叩き出しフェンダー、そしてレモンイエローのボディカラー。全身から走りのオーラを放つこのSA22Cは、ドラッグレースをこよなく愛するオーナーが仕上げた直線番長スペシャルだ。

 

 

エンジンはパワーチューニングに適したFD3Sの13B-REWを換装。高回転までハイレスポンスに吹け上がる特性を求め、ターボシステムは撤去した上でポート形状はペリフェラルポートとしている。

 

 

スロットルは、RB20純正を加工流用することで多連スロットル化。9000rpm仕様で最高出力はおよそ280psくらいだろうとのこと。

 

 

ワイド化されたリヤフェンダーに収められるのは、フージャーのクイックタイムプロ(26×9.5-15LT)。ホイールは往年のRSワタナベだ。

 

 

室内は純正ダッシュボードが残されており、純正然としたイメージ。追加メーター類はセンターコンソールに埋め込み、視認しやすい位置にオートメーター製の120φタコメーターもセットされている。ミッションはHKSの5速Hパターンドグだ。

 

 

エクステリアパーツは大半がFRP製で、重量のかさむリヤゲートもアイローネタイプにスイッチ。さらにウインドウはフロント以外アクリル製に変更するなど、軽量化にも余念がない。

 

 

取材時(スーパードラッグフェスティバル2020)は、エンジンオーバーホール直後のシェイクダウン状態だったこともあり、自己ベストにコンマ4秒届かない12秒250でフィニッシュ。「全国のRE仲間がどんどんドラフェスに参戦してきてほしいです!」と語るオーナーの挑戦とRE布教活動は、まだまだ続いていきそうだ。

 

●取材イベント:SUPER DRAG FESTIVAL 2020 FINAL in セントラルサーキット