「86&BRZワンメイクレースのノウハウを凝縮」ノーマルエンジンで速さを極める匠の技に迫る

公開日 : 2020/12/30 06:30 最終更新日 : 2020/12/30 06:30


ワンメイクレースで得たノウハウを凝縮!

 

ノーマルエンジンを限界まで使い切る匠の技

 
NA、過給機付きを問わず、86&BRZに関する様々なモディファイを行なってきた“丸田小屋”。2019年からはGAZOOワンメイクレースにも参戦。2020年8月のオートポリス戦で予選ポールを獲得するなど、これまで得た経験の蓄積は着実な結果となって表れている。そのレースでの経験を存分に活かしつつ、ノーマルエンジンの限界点に切り込んだのがこのクルマだ。
 

 

車体は前期型RCがベース(バンパーは後期用)。FA20ユニットはECUを“オートプロデュースBOSS”で書き換えた以外、本体は完全ノーマル。レボリューションのカーボンインダクションボックスやビッグスロットル、パワークラフトのエキゾーストマニホールドなど吸排気環境の変更に留めている。

 

 

エキゾーストマフラーは東名パワードの片側一本出し、エクストリームTiチタン。その奥には、強化されたメンバー周りや調整式ロアアームが確認できる。

 

 

サスペンションはHKSハイパーマックスMAX IV-SP。スプリングレートは前後とも8kg/mmで、減衰力については丸田小屋オリジナルのスペックを採用。その他、シャシーについてはリヤメンバーやデフマウントのリジット化なども行われている。

 

 

室内はピラーやルーフ周りなど内張りは取り外されているが、このままノーマルエンジンで攻めるのであれば、ドアやルーフパネルのドライカーボン化も検討したいとのこと。

 

 

シートは抜群のホールド性を誇るレカロのプロレーサーRMSをセット。内装パーツはリヤシートも含めて全て撤去済みだ。

 

 

さらに注目はタイヤ&ホイールのプロフィール。街乗り時は18インチサイズのアドバンレーシングGTを履くが、サーキット走行時には16インチへとサイズダウン。ワンメイクレース車と同じ205/55-16サイズのディレッツァβ02を組み込んでいるのだ。
 

 

ちなみに16インチ装着時のホイールは、R32GT-R純正。選択の理由は、205サイズのトレッド面積を最大限に活かせる8.0Jというリム幅(ワンメイクの規定は7.0J)にある。何もこんな旧いデザインを、と思うかも知れないが、今やコンパクトカークラスでも17インチを履く時代。8Jリムを持った16インチホイールのアフター品は、皆無に近い。そんな見えない工夫を各部に盛り込んだデモカーだが、2020年11月末のテスト走行で見事2分6秒9というタイムを叩き出した。
 

「この世界に“たら・れば”は禁句ですが、ロガーを詳しくチェックしたところ、途中ミスした部分がありました。周回数は2周でしたが、1周目と2周目のミスの無い部分を組み合わせてシミュレーションしたところ、6秒3まではイケたようです。ま、結果は結果ですけど」と丸田さんは笑う。
 

 

ファーストコンタクトとしては十分過ぎるほどの手応えが感じられた16インチ仕様の86。もし新品タイヤを履かせたなら、そして丸田さんが語るように、エンジンチューニングをさらに一歩進めたなら? タイムアップへの伸びしろに繋がりそうな要因は、まだまだ見つけられそうだ。

 

●取材協力:丸田小屋 福岡県朝倉郡筑前町安野43-3 TEL:0946-42-1658

 

【関連リンク】

www.maruta-goya.com