「100万円のフルコン化で過走行の86オートマが激変する!」ターザン山田も感心する動力性能!!

公開日 : 2020/12/29 07:30 最終更新日 : 2020/12/29 07:30


フルコン化で安心して走れるようにリメイク!

 

過走行車をベースに一点豪華主義の大人なオートマ86

 

ドリフトを中心に車両の販売からメンテナンス、チューニングまで幅広く行っている新潟県のショップ“SHPエンジニアリング”。そんな同社が「もっと手軽にスポーツカーを楽しんでもらいたい!」と考え、製作したのがこの86だ。

 

 

ベース車は平成24年式、走行距離13万キロオーバーの初期モデル。「安い中古車&オートマなら初心者や女性にも楽しんでもらえるのでは?」とSHPエンジニアリングの関さん。実際にこのくらいの年式&走行距離なら100万円前後で中古車が手に入り、スポーツカーもグッと身近に感じられるし、「スポーツカーに乗りたいけどお金が……」と諦めていた人にもピッタリだ。

 

 

とはいえ「ただ安い中古のスポーツカーを買って走りましょう!」では芸がないし、後々のメンテナンスやトラブルを考えると心配もつきまとう。そこで、SPHエンジニアリングが提案するのがモーテックM150によるフルコン化だ。

 

エンジン本体には手を付けず高性能フルコン化することで、燃調はもちろん可変バルタイやスロットルのツキなども綿密に制御し、ダイレクトな操作感を実現。ちなみに、M150の導入に必要なトータルコストはセッティング代まで含めて約100万円となっている。

 

 

モーテック制御というとフルチューンマシンやレーシングカーを連想する人も多いかもしれないが、SHPエンジニアリングでは、安い中古車のコンディションを整えるためにモーテックを使用することが多いという。

 

「このクルマは、中古車オークションから買ってきて、エンジンも一切触っていません。もちろん仕入れたあとにダイノパックで健康診断はしていますが、オーバーホールしちゃうとコストもかかるので、あくまで中古車で買ってきたままというのがポイントです」とのこと。

 

 

パワーアップ関係で唯一変わっているのがEXマニ&マフラーで、ともにフジツボ製。左右4本出しマフラー“オーソライズRM+C”は、排気効率アップや軽量化はもちろんだが、カーボンフィニッシャー付きの4本出しでストリート映えも抜群!

 

 

ホイールは、スポーティな5本スポークのウェッズスポーツRN-05M。今回はサーキットテストということで前後18✕8.5Jサイズを装着しているが、普段は見た目重視で9.5Jに265幅のタイヤをセットしているそうだ。

 

ブレーキキャリパーはTRDモノブロックに変更。ブレーキパッドは、TRD製のダストが多く、街乗りだと少し効きすぎる印象だったので、オリジナルのストリートパッドに交換。普段の街乗りを考えてマイルドにブレーキが効くように調整している。

 

 

タイヤはブリヂストンのポテンザRE-71RSで、サイズは前後とも235/40R18を装着。圧倒的なグリップ力はサーキットでも強い武器になる。

 

 

ブリッドのセミバケ2脚をセットしたシンプルなインテリア。ステアリングもノーマルを維持し、あくまで低予算でカッコ良く、サーキットを楽しめるように考えられている。

 

 

TRDのエアロが付いているが、それ以外は基本的にノーマルライクなスタイリング。ボディカラーは、SHPエンジニアリングのイメージカラーでもある鮮やかなレッドでオールペンしている。

 

 

唯一外観で変わっている部分がリヤガラスのSHPエンジニアリングオリジナルのウインドウルーバー。価格は5万5000円で、純正ハイマウントストップランプもしっかりと視認でき、個性的なスタイリングと機能性を兼ね備えたアイテムだ。

 

 

このチューンドを試乗したターザン山田は「全体的に見れば落ち着いた印象なんだけど、運転しながらクルマを観察しているとアクセルを開けた時のスムーズさとか、オートマのもたつきがないことに気づかされる。それは、単にマフラーやエアクリーナーといったチューングパーツの効能などではなく、モーテック制御の恩恵なんだろうね。10万キロオーバーなのに、妙にシャキッとしていると言えばいいのかな」とコメント。

 

中古車両の購入費用まで含めて約200万円で完結する快速チューンド。非常に魅力的だ。

 

取材協力:SHPエンジニアリング 新潟県長岡市川口牛ケ島522-1 TEL:0258-81-4030

 

【関連リンク】

http://www.shp-engineering.com/