「車両込み70万円で完成する痛快サーキット仕様!」足回り重視のミラが楽しすぎる!!

公開日 : 2020/12/18 07:30 最終更新日 : 2020/12/18 07:30


足回りを煮詰めて自由自在に操れる仕様を目指せ!

 

サーキット入門にも最適なKカーチューンド

 

今回ピックアップするのは、車両代込み70万円で完結する提案型のKカーチューンド。手がけたのは京都のナビック、言わずと知れたKカー専門店だ。

 

「このミラ(L275V)はすぐにでもサーキット走行が楽しめる中古ベースのお手軽仕様です。お金をかけなくてもクルマ遊びは満喫できる。それを伝えるための存在ですね」とはナビック吉田さん。

 

 

このミラに搭載されるエンジンは、2006年から採用される直列3気筒DOHC12バルブのKF-VE型。環境対応を重視して燃費の向上やトルクアップを目指したロングストロークモデルで、アルミブロック採用による軽量設計が特徴。NAモデルの他にもターボを組み合わせたKF-DETもラインナップされるため、パワーチューンの素材としても資質は高い。

 

 

ナビックでは、基本的にはノーマルエンジンのまま吸排気環境をオリジナルパーツで再構成。無理なパワーアップは行わず、初心者でも安心してアクセルをベタ踏みにできるスペックに留めている。

 

 

足回りはオリジナルの車高調(F12kg/mm R8kg/mm)を導入し、走行シーンに合わせてセッティングを変更。ヘルパースプリングを組み合わせることでコーナリング時の接地性を高め、タイヤをフルに使って曲がっていけるようにセットアップされている。

 

 

車高調の導入に合わせてロアアームブッシュもピロ化。路面からの入力の逃げを最小限に抑えて、よりダイレクトなハンドリングを実現するためのチューニングだ。なお、ナビックでは新品アームにピロを圧入したフロントピロロアアームも製品化している。

 

 

NAと言えどもブレーキチューンは必須。キャリパーはノーマルのまま、ディクセルのスリットローターにスポーツ走行向けパッドを組み合わせ、タッチの改善と安全性の向上を図っている。

 

 

室内は内装パーツを撤去して軽量化を推進。乗員保護を目的にしたロールケージや、高いホールド性を誇るレカロのフルバケットシートも導入。ベースがバン(5速MTが多く車重も軽い)のため、タコメーターなど必要に合わせた追加メーターも取り付けられている。

 

 

タイヤは抜群のドライグリップ性能を誇るヴィツァーのテンペスト(165/55-14)を装着。ホイールはレイズのAラップ(6.0J×14)だ。

 

 

このチューンドを試乗した佐々木雅弘選手は「70万円なら大正解! モータースポーツの入門車としてこれだけ遊べるなら十分すぎる。とくに足回りはよく考えられていて、こんな環境でもコースをほぼ全開で走り続けられるし、アクセルオフでタックインを使いたいところでもスムーズにクルマの向きが変わってくれる」と、その完成度とコストパフォーマンスの高さを評価した。

 

 

“クルマ遊びを心から楽しみたい”というユーザーに向けた、ナビックからのベストアンサー。新たな相棒を探しているユーザーも、所有するKスポーツの維持に不安を感じているオーナーも、ぜひ一度足を運んでみていただきたいプロショップだ。

 

●取材協力:ナビック 京都府京都市山科区勧修寺御所内町128 TEL:075-575-4433

 

【関連リンク】

ナビック

http://www.navic-kyoto.jp