「RE雨宮FD3S伝説のスタート地点」令和でも色褪せない輝きを放つグレッディ5の雄姿!

公開日 : 2020/12/13 07:30 最終更新日 : 2021/10/05 14:45

初の電動ガルウイングを搭載したGReddy5という衝撃

 

心臓部はサイドポート拡大+TD06-25Gタービンの400馬力仕様

 

清潔感あふれるブルーでオールペイントされたこのFD3Sは、RE雨宮が製作する由緒正しきコンプリートチューンド「GReddy(グレッディ)シリーズ」の1台だ。

 

 

与えられたナンバーは5。1995年の東京オートサロンでデビューしたこのGReddy5は、初のFD3Sベースであり、フォークリフト用のモーターを使って電動ガルウイング化に成功した1号機でもある。

 

 

「ガルウイングを横にスライドしてから上に跳ね上がるようにしたくてさ。本当に大変だったよ」と、当時の苦労を語る雨さん。

 

 

エクステリアは雨宮セブンのキーパーツであるスリークライトを軸に構成し、エッジを効かせたシャープなワイドボディスタイルを創出。ちなみにフロントはジャガーXJR15のイメージを取り入れたそうだ。美しいボディカラーは雨宮ブルーとよばれる深いソリッドブルーだ。

 

 

足回りはRE雨宮オリジナルの車高調を軸に構築。各アーム類は調整式ピロタイプに変更され、アライメントの自由度を大幅に拡大している。ホイールは往年のAW-7(F17×8.5J R17×9.5J)だ。

 

 

心臓部はサイドポート拡大加工を施した13B-REWにTD06-25Gタービンを組み合わせた400ps仕様。制御はRE雨宮のレドムが担い、全域でパワフルな加速フィールを見せつけてくれる。

 

 

エクステリアのイメージを崩さぬようブルーで統一されたインテリア。ステアリングは絶版になっているRE雨宮Dシェイプだ。

 

 

その先進性とハイクオリティなカスタムメイクには誰もが感動し、見事に東京オートサロン1995のドレスアップカー部門でグランプリを獲得。同年の鈴鹿サーキットで開催されたJGTCではデモランを行なうなど、大活躍したのである。なお、現在は新しいオーナーの元で、第二の“車生”を送っているとのことだ。

 

●取材協力:RE雨宮 千葉県富里市七栄439-10 TEL:0476-90-0007

 

【関連リンク】

RE雨宮

http://www.re-amemiya.co.jp/