「S660開発チームの拘りと技術が結集」無限が放つ極上のコンプリートスポーツに迫る!

公開日 : 2020/11/30 11:00 最終更新日 : 2020/11/30 11:00


ワークスクオリティの高い技術力と洗練されたデザイン

 

オーナー待望のカーボン製アイテムがまもなく登場!

 

純正部品と同様の高い品質に支えられた高い性能に加え、レースシーンで培った数多くの栄光をフィードバックした洗練されたスタイリングで、ホンダ車オーナーから絶大な支持を集めている無限。

 

 

そんな無限が主力ターゲットとして、デビュー以来力を注いでいる車種がS660だ。”SUPER LITTLE SPORTS”をコンセプトに、オープンスポーツモデルのみ浴を最大限に発揮できるパーツを開発し続けているのである。

 

 

ベースマシンが5年目を迎えてマイナーチェンジが施された2020年、無限のS660カスタマイズも新たなフェーズを迎えている。その第1弾として夏にリリースされたのが、フルバンパータイプの”エアロバンパー”。そしていよいよ2020年末にリリースとなる大本命が、エアロボンネットとエンジンフードだ。

 

フロントエアロバンパー&カーボンフロントグリル

リヤエアロバンパー

 

あるデザインは、走行テストを繰り返してブラッシュアップされたもの。特徴的なリヤのフェンダーラインは、コンセプトモデル”無限GARU(S660ベースのコンプリートカー)”のデザインを踏襲したものだ。

 

サイドステップ

 

サイドステップのスポイラーは社内規定ギリギリの攻めたサイズ設定で、前後バンパーの迫力に負けないバランスを獲得している。

 

フロントエアロフェンダー

 

フロントエアロフェンダーは純正比マイナス1.2kgの軽量化を実現し、運動性能もアップする。

 

 

まもなく登場となるエアロボンネットは、デザイン面でも迫力ある大型のクーリングダクトを設けたデザイン。表面をドライカーボン、裏面をFRPとすることでコストも抑えられている。トランク内のダクトはクイックリリースで簡単に脱着できるのも魅力だ。

 

 

アウトレットダクトへの雨水の侵入や、ラジエターを通過したヒートエアの排出量を制 限するための専用カバー(2 タイプ 4 枚)もセット販売が予定されている。

 

 

こちらもまもなくリリースとなるカーボンエンジンフード。立体感あるサイド部のデザインが特徴で、ボンネットと同様にドライカーボンとFRPのハイブリッドタイプ。ボンネットと合わせてマイナス7kgの軽量化を実現する。

 

 

一体成型のカーボンウイングも年内リリースされる新作だ。エアロバンパーにマッチするデザインと、リヤ挙動のコントロールを追求した角度設定となっている。

 

 

 

標準のロールトップと交換するハードトップは、発売以来高い人気を誇る定番アイテム。SMC成形のFRP製で、カラーはブラック塗装仕上げとなる。

 

 

バンパー奥に見えるのは、走行中に発生する不快な微振動や騒音を解消し、上質な乗り心地と操縦安定性向上を実現するパフォーマンスダンパー。純正サスはもちろん、無限サスやホイールまで対応のセッティングだ。

 

 

テスト車両にはスポーツ走行に最適化したクイックシフターと、アルミにドライカーボンを積層させたシフトノブを装着。ステアリングは市販予定の試作品だ。

 


 

ちなみに無限のコーポレートカラーを大胆にあしらったステアリングは、発売に向けて前向きに開発を進めているという試作アイテム。数量限定での発売となる可能性が高いそうで、完売間違いなしの激レアアイテムとなるだろう。

 

 

今回デモカーの試乗を担当したGTドライバーの武藤英紀選手は「一言で言うなら『誰が乗っても楽しめるクルマ』というのがピッタリでしょう。サーキットを攻めても安心感が高く、スキルを問わず楽しめるはずです。それを実現しているのが、よく動く足まわりとエアロパーツ。アクセルだけで高速コーナーをトレースできるゴーカート感覚は純正では味わえません。エアロが聞かない低速コーナーでも、軽量化による動きの良さがはっきりと体感できます。」と絶賛。

 

 

開発チームを率いる無限M-TECの広瀬さんは「目指したのは若い方はもちろん、経験豊富な40〜50代の大人のユーザー様にも納得していただけるピュアスポーツです。フロントバンパーは下面形状の見直しでリフトを軽減。向上したフロントの入りをリヤバンパーとスポイラーでバランスさせています。カーボンパーツによる軽量化も相まって、楽しさは大幅に向上していますよ」と自信を持って語ってくれた。

 

このほかインテリアアイテムを始め、新作アイテムの要望はユーザー達から数多く寄せられているという。無限のS660開発のゴールはまだまだ見えそうにない。

 

PRICE LIST

エアロバンパー:12万1000円〜/カーボンフロントグリル:未定/サイドステップ:8万8000円〜/リヤエアロバンパー:11万円〜/フロントエアロフェンダー:8万8000円〜/カーボンエアロボンネット:未定/カーボンエアロエンジンフード:未定/ハードトップ:27万2800円/カーボンリヤウイング:未定/パフォーマンスダンパー:11万円/クイックシフター:2万3000円/カーボンシフトノブ:1万9800円

 

●問い合わせ:M-TEC 埼玉県朝霞市膝折町2-15-11 TEL:048ー462ー3131

 

【関連リンク】

M-TEC

http://www.mugen-power.com