【粟野如月コラム】OS技研の工場を見学させてもらっちゃいました!【KISA’s DRIFT LIFE vol.51】

公開日 : 2020/11/18 13:00 最終更新日 : 2020/11/18 13:00

AUTHOR :

話題の純国産新作シーケンシャルミッションをチェック

 

岡山県にあるOS技研の工場にお邪魔してきました!

 

先日、WEB OPTION内にも掲載されていた、純国産シーケンシャルミッションFR-5が大注目の『OS技研』。ドリフト業界でも早くも大きな話題となっています。私も気になっていた一人なのですが、なんと今回はそんな『OS技研』の工場を見学させてもらえることになり、岡山県まで行ってまいりましたー!

 

 

案内してくれたのは社長の何森さんと、開発の佐々木さん。今回はミッションだけではなくLSDやクラッチも見せていただいたのですが、普段、何気なく使っているパーツの中身がこんなに複雑かつ繊細な作りになっているとは…! ワクワクが止まりませんでした!

 

 

まずはLSDから。ドリフトには欠かせないアイテムですね。1.5WAYや2WAYなど、ドライバーそれぞれ好みの分かれる部分かなと思います。バラバラの状態から、私の乗り方だとこうすると良いなどの細かいアドバイス付きで見学させていただきました。

 

このプレートを見てピンときた人は鋭い! OS技研のLSDは他メーカーと異なる構造で作られているので、オーバーホールが必要になることがほとんど無いというコスパ最高アイテム。10年近くオーバーホールしてないという人もいるんだとか!

 

 

そしてクラッチ。私がよく知らなかった構造を、ひとつひとつ組み立てながら教えていただきました。ドリフトは特に熱が入るのでこのプレートでこうするとか、発送する国に応じて気温なども考えながら作っているなど、目からウロコの内容ばかりでビックリです!

 

 

そして今回の1番の目的である、シーケンシャルドグミッション『FR-5』の現物ともご対面! 7速モデルFR-7の発売から約2年。いよいよ5速モデルが登場するんです。

 

 

ドリフトの世界でもトップカテゴリーではすでに常識となりつつあるシーケンシャルドグミッション。今作は、前モデルからさらなる強度アップを目指してギヤの材質も見直されたそうです。現在、シーケンシャルは世界中で色々なメーカーから発売されていますが、『OS技研』はなんと言っても”メイドインジャパン”。妥協を許さない技術者さんたちの本気が詰まった逸品です。

 

私が参戦しているD1ライツシリーズはまもなく最終戦を迎えます。来年に向けてこの『FR-5』…投入を決めました! 夢のシーケンシャルミッションデビューしちゃいますよ! ドラッグレースではIパターンを経験させていただきましたが、ドリフトではどんな感じなのでしょう…楽しみ〜!

 

 

愛車への投入の模様は、また続報をお伝えしたいと思います! そして今回の工場見学の模様は、YouTubeにもアップしているのでチェックしてくださいね!『OS技研』の皆さま、とっても貴重な体験をありがとうございました!

 

 

【関連リンク】
OS技研

https://osgiken.co.jp/
●公式HP
http://www.kisaspec.com
●Instagram
https://www.instagram.com/kisa_awn/
●Twitter
https://twitter.com/kisaragi_awano
●Facebookファンページ
https://www.facebook.com/kisaspec
●YouTube
https://www.youtube.com/channel/UChSElgMHzDbVJIv_ArCIS0A