「抜群の安定感こそが生命線」東北地区を暴れ回る真紅のS15シルビア改!

公開日 : 2020/11/16 06:30 最終更新日 : 2020/11/16 06:30


コンディションに左右されない高い安定感

 

T67タービンで武装した耐久レース仕様のS15シルビア!

 

この真紅のS15シルビアは、かつて仙台ハイランドで行われていた耐久レース参戦のために製作されたサーキット専用機。マシンメイクを行なったのは岩手県の“イワブチモータース”だ。

 

 

心臓部のSR20DETは、1mm厚のメタルヘッドガスケットによるハイコンプ仕様とし、そこにトラスト製T67タービ

ンをセット。470ps/47.0kgmという高出力を絞り出し、パンチのある加速を実現。ハイレスポンスを追求し、インタークーラーは可能な限り後方にオフセットしてパイピングをショート化している。

 

 

「あり合わせで作ったクルマです」とは言うものの、サーキット仕様に必須のコレクタータンクはしっかり装備。燃料ポンプはニスモの270L/min。エンジンマネージメントは東名パワードのレイテックで、エアフロレス制御としている。

 

 

サスペンションはエンドレスのジールファンクション車高調(F13kg/mm R11kg/mm)にイケヤフォーミュラ製のアッパーアーム、トーアームを組み合わせる。ブレーキはBCNR33純正のブレンボで強化。LSDはニスモの2WAYだ。

 

ホイールはボルクレーシングTE37SLの17インチ、9.5Jプラス12を通しで履く。タイヤはハンコックのSタイヤ”ヴェンタスTD”をセットする。

 

 

室内はアンダーコートまで撤去され、シングルシート化された完全なるサーキット仕様。追加メーターは定番のエアコン吹出口に埋め込み、その他のスイッチ類は自作のセンターパネルにマウントする。

 

 

エクステリアはオリジンラボのスタイリッシュラインを軸に構築。GTウイングはサードのカーボン製を導入している。

 

 

「ユーザーの手の届く範囲のメニューでタイムを追求する」というコンセプトに沿って、市販パーツの能力をフルに引き出すためのセットアップを積み重ねていくS15シルビア。天候や路面のコンディションに左右されない抜群の安定性こそが、このチューンドの魅力だ。

 

●取材協力:イワブチモータース 岩手県北上市村崎野8地割152 TEL:0197-72-5955

 

【関連リンク】

イワブチモータース

http://iwabuchimotors.web.fc2.com/