「ホンダ車チューンの名門が手がけたBNR34!?」2.8L化+NOSで900馬力を叩き出すモンスター!!

公開日 : 2020/11/15 07:30 最終更新日 : 2020/11/15 07:30


タイトなセクションでの停滞感にはNOSが効く!

 

インフィールドでも圧倒的な速さを見せつけるBNR34

 

このBNR34は、オールドシビックへのK型エンジンスワップなどで知られる“レーシングサービスファクター”が製作したチューンド。ホンダ車のイメージが強いショップだが、実は第二世代GT-Rも大の得意としており、このデモカーにはそのノウハウが存分に活かされている。

 

 

タイトなコーナー区間でのロスを最小限に抑えるべく、RB26にはHKSの2.8Lキットを組み込み、さらにVカムの導入やECUの綿密なセットアップによって低中速トルクを増強。タービンは元々T51Rだったが、ストレートでのさらなる速さを狙ってトラストのT88H-38GKに変更した。

 

 

インフィールドなどのタイトなセクションでの停滞感を払拭するための武器としてNOSも導入。全開時に使えば900psに達するが、実際には加速感に欠ける領域でのみ手動で噴射を行っている。

 

 

オリジナルのフルチタンマフラーは直線的なレイアウトを突き詰めたもの。これによって低回転の吹け上がりはもちろん、タービンもレスポンス良く立ち上がるようになったという。

 

 

ミッションは純正ゲトラグだが、6速ギヤをローギヤード設定のJZA80スープラ純正へと変更。クロス化を狙ったのである。

 

 

ラジエターとオイルクーラーの冷却効率を高めるため、手動式のウォッシャースプレーを搭載。水温90度&油温110度を目安に、それ以上の温度になったら手元のスイッチを押してクーリングを行う。

 

 

足回りはオリジナル車高調(F22kg/mm R20kg/mm)を軸に構築。さらに各種アーム類もイケヤフォーミュラの調整式を投入し、コースに合わせたフレキシブルなセッティングを可能にしている。ドライブシャフトも破損や脱落を防ぐため、30mmロングの強化品に変更済みだ。

 

 

この日、岡山国際サーキットにてマークしたベストタイムは1分37秒672。周回レースでの耐久性や安定した操作性を目指して作られたスペックではあるが、本格的なアタックマシンさながらの戦闘力を見せつけた。

 

●取材協力:レーシングサービスファクター 大阪府堺市北区中村町756-5 TEL:072-251-4300

 

レーシングサービスファクター

http://www.factor-crew.com/