「このビートは女子力が高すぎる!」キティちゃんとスワロフスキーで彩られた乙女仕様

公開日 : 2020/11/08 07:30 最終更新日 : 2020/11/13 14:14


ビートとキティちゃんをこよなく愛する乙女の相棒

 

“好き”を詰め込んだカスタムビート

 

スワロフスキーとキティちゃんで彩られたファンシーなこのビートは、女性オンリーのカーミーティング『GIRLS CAR COLLECTION』に参加していた“みきにゃん”さんの相棒だ。

 

 

彼女がクルマ好きになったきっかけは親の影響だ。両親ともにスポーツカー好きで、CR-XやWRXが当たり前のようにある家庭環境で育ったため何の違和感もなくMT免許を取得、そしてキュートなフォルムに惚れ込んで7年前にビートを10万円で購入したそう。

 

以来、ビートと楽しいカーライフを満喫しているわけだが、「このクルマは二代目なんです。最初に買ったビートは、だんだん調子が悪くなってきて…。でも絶対ビートに乗り続けたくて、3年前に程度の良い個体に乗り替えました!」とのこと。生粋のビート大好きガールというわけだ。

 

 

二代目の購入と同時にオールペンしたというボディカラーは、S2000純正のニューインディイエローパール。そこに「ビートと同じくらい好き!」という、キティちゃんのアイテムを大量投入して個性を演出している。

 

 

パワー系は砲弾マフラーの投入のみに留めているが、近隣住宅への配慮から手動で音量を調整できるアペックスのECVを追加している。

 

 

足回りはファイナルコネクションのステルスミニ車高調でセットアップ。スパッタリングが美しいホイールはトランスベータの15インチで、そこに165/35-15サイズのアジアンタイヤを組み合わせている。

 

 

外装はフロントスポイラー、サイドステップ、リアスポイラーともにUSレーシングのフルエアロで武装。ヘッドライトは702KのLEDタイプを組み込み、フロントバンパー開口部にはCBR250RR(バイク)用のヘッドライトをフォグとしてインストール済みだ。

 

 

内外装パーツの各部はスワロフスキーを使ってデコレーション。これらは“みきにゃん”さんと彼氏の合作とのこと。

 

 

室内は超絶ファンシー仕様。ダッシュボードや樹脂パーツはホワイト×イエローでペイントし、シートもコブラ製をベースに表皮を特注で張り替えている。ピンクの星があしらわれた水中花のシフトノブも女性らしいチョイスだ。

 

 

ステアリングはMOMOの4本スポーク。センターコンソールは加工して2DINカーナビをインストールし、助手席のキティちゃん仕様のモニターと連動させている。

 

 

「このイベントのおかげでカスタム意欲が湧くし、友達もたくさんできました! ビートは家族の一員のつもりなので大切にしていきたいです」と語ってくれた“みきにゃん”さん。来年のイベント時には、さらに女子力を増強したビートの姿を見ることができそうだ。

 

PHOTO:堤晋一

取材イベント:GIRLS CAR COLLECTION