「レース魂をGRスープラに注入!」高性能エアロパーツが切り開く未来

公開日 : 2020/10/22 11:00 最終更新日 : 2020/10/22 11:00


スーパー耐久公認エアロでフル武装

 

高い空力性能とストリートに映えるスタイルを両立!

 

保安基準や厳格なレギュレーションの中で、最大限のパフォーマンスを引き出すことが求められるスーパー耐久での使用を意識した、イングスのNスペックシリーズ。

 

 

GRスープラでもS耐参戦車両への供給が決まり、それに合わせて速さに直結する機能性重視のエアロ開発を急ピッチで進めてきた。その本気度は半端じゃない。なんと、三重大学にデモカーを持ち込んで風洞実験を実施。その結果を元に、試作エアロの形状をリメイクしたほどなのだ。

 

 

まずフロントは、ミリ派レーダーやクリアランスソナーの位置をキープしたまま開口部を限界まで拡大。ストリートで必要なナンバーベースは別パーツで展開し、冷却性能が欠かせないスポーツ走行時には簡単に脱着できる設計とした。保安基準内で最大限の機能を発揮させ、スピード感を印象付けるデザインが施される。

 

 

タイヤハウス内で生じる乱流をスムーズに引き出すのが、フロントエアロフェンダーの大型アウトレット。キットは純正サイドステップとのマッチングも図られているが、ワイドタイヤの投入も見越したフロントフェンダーはキットと同時に投入してもらいたいという。

 

 

ボディサイドぎりぎりまで引き出すようにしてフラットな下面面積を稼ぎ出すサイドステップは、フロントエアロフェンダーから抜かれた走行風などを整え、空力に変える機能も持つ。視覚的にもシャープな印象となっている。

 

 

フロント同様にクリアランスソナー位置を変えることなく、アウトレットやディフューザーを投入。保安基準内で最大限に空力効果引き出すエッジの効いたデザインが、エレガントスポーティな印象だったリヤビューを強く引き締めていく。

 

 

リヤには、保安基準に適合するよう1500mm幅で仕上げられたZパワーウイングを装備。レース車を彷彿とさせる3D形状で、GRスープラが要求するトラクション性能を引き出す。角度調整はもちろん、オプションでガーニーフラップの追加も可能。

 

 

イングスはエアロパーツメーカーだが、デモカーはエクステリアモディファイに留まらない。RZをベースに本格的なタイムアタック仕様を製作。3.0LエンジンのB58は、フェニックスパワーのECUチューンでブーストアップを敢行し、最大ブースト1.45キロ時に最高出力520ps&最大トルク82kgmを発生させている。

 

 

ホイールはボルクレーシングG025の19インチ(FR共に10J+33)、タイヤはポテンザRE-12DタイプAでサイズは285/35だ。ブレーキはエンドレス製でフロントが6ポットキャリパー+370mmローター、リヤは電動キャリパー対応のインチアップキットを使い355mmローターを備える。

 

 

「コロナウイルスの影響もあって、実戦投入は2020年シリーズの最終戦を目指していますが、スーパー耐久のST1クラスを戦うトレーシースポーツ・RC-FがNスペックまとったGRスープラへとマシンスイッチする予定です。当社のデモカーの方は、空力性能に磨きをかけながら筑波と鈴鹿でアタックを続けていくつもりです」と、イングス山下さん。

 

 

大胆なフォルムながら、ストックボディのバランスを崩さないセンスこそイングスの真骨頂。個性的なダクトレイアウトに目が行きがちだが、そこには繊細なモデリング技術と経験が活かされているのだ。

 

●取材協力:イングス 奈良県桜井市忍阪289-1 TEL:0744-42-0611

 

【関連リンク】

イングス

https://ings-net.com