「賞金総額500万円!」日本最大規模のeモータースポーツが12月からスタート

公開日 : 2020/10/12 15:00 最終更新日 : 2020/10/12 15:07


JeGTがついに公式シリーズ戦の開催を発表!

 

オートバックスがeスポーツに本格参入

 

東京オートサロン2020にて、WEB OPTIONとタッグを組んでeモータースポーツイベントを展開したJeGTが、ここにきて新たな動きを見せ始めた。

 

 

10月12日のオンライン記者会見で、グランツーリスモSPORTを使用した“AUTOBACS JeGT GRAND PRIX”公式シリーズ戦の開催を正式に発表したのである。

 

 

シリーズ戦は12月からスタートし、4回のオンライン予選を経て2021年3月のラウンドファイナル(オフライン)でチャンピオンを決する流れだ。また、気になる賞金総額は、国内のeスポーツ競技としては最高額となる500万円と発表された。

 

 

レースのシステムについては、JeGTプレシーズンマッチ時代を踏襲。チームバトル(チーム戦)とインディビデュアル(個人戦)が用意されており、チームバトルは恒例のチューニングパーツメーカー勢から、ARTAをはじめとするレーシングチーム、ガチのプロゲーマー軍団など様々。もちろんWEB OPTIONも参戦予定だ。

 

 

なお、各予選ラウンドでは“JeGT CHALLENGERS”も併催予定とのこと。これは、17歳以下や女性限定など、ターゲットを絞った条件付きレースで、気軽にeモータースポーツの楽しさに触れてもらえるようにと設定されたJeGTの下位カテゴリー。詳細についてはまだ未定とのことだが、腕に自信のあるゲーマーや走り屋の方々は参加を考えてみてはいかがだろうか。

 

 

「バーチャルとリアルの融合によって何か化学反応が起きるのではないか? そんな思いです。自動車業界は、100年に一度の変革期と言われています。クルマはデジタル化が進み、カーシェアリングも当たり前になりました。私どもは、こういう時代でも一人でも多くのクルマ好きを増やしていきたいと考えています。eスポーツへの挑戦もその一環です」とは、オートバックスセブン代表取締役・社長執行役員の小林喜夫巳氏。

 

 

一方、JeGTを運営するMGMの北浦代表は「リアルモータースポーツの世界は華やかで憧れの舞台ですが、サーキットにはクルマが無ければ行くことが難しいため、ハードルが高い。しかし、eスポーツの要素を加えれば、サーキットでしか見ることができなかった本格的なカーレースが、例えば駅前の商業施設など、身近な場所で楽しめるモノへと変化します。クルマの魅力、レースの魅力を、それまであまり身近に感じられなかった層に訴求していくことで、結果、クルマ離れした若者たちの興味を取り戻せるのではないか。そう考えています」と熱く語る。

 

 

いよいよ幕を開ける日本最高峰のeモータースポーツ。オートバックスセブン小林取締役の発言にあった「バーチャルとリアルの融合による化学反応」が如何にして起こり、それが自動車業界にどのように影響を与えていくのか、WEB OPTIONはレースに参加しながら見定めていこうと思う。