「第二世代GT-Rに極上の人馬一体感を!」老舗の技が光るBNR34エンジョイサーキット仕様

公開日 : 2020/10/11 11:00 最終更新日 : 2020/10/11 11:00


スペシャルパーツを使わずにサーキットスペックを構築!

 

あくまでもユーザーライクに拘る走行会エンジョイ仕様

 

パワーチューニングにかけては無類の強さを誇る兵庫県の“エンドレス”が、サーキット走行会用に製作したBNR34が今回の主役だ。求めたのは一発の速さではなく、オーナーが思い切り振り回せる人馬一体感。各部に手が入れられているものの、あくまでユーザーライクな仕様としているのが特徴だ。

 

 

心臓部は、HKSの鍛造ピストンとH断面コンロッドを組み込んで2.6Lのまま強化を図り、ヘッドにはトラストのハイカム(IN&EX272度)をインストール。そこにレスポンスとパワーを兼ね備えるN1タービンをセットし、タフネスな550psを作り上げている。

 

もちろんクーリングチューンも徹底されていて、オリジナルのエアロボンネットの投入をはじめ、2機がけのトラスト製オイルクーラーやオリジナルのアルミ3層ラジエター、ブリッツ製インタークーラーなどで連続周回にも対応できるだけの冷却性能を確保する。

 

 

ロールケージを張り巡らせて美しく仕上げられた剛強ボディは、ドンガラ状態から製作したという大作。ミッションはオートギャラリー横浜のゲトラグ6速コンプリート。男の1シーター仕様だ。

 

 

足回りはクァンタム車高調+スウィフトスプリングの最強コンビでセットアップ。ブレーキはD2レーシングのキャリパーキット(F8ポット+355mmローター R4ポット+355mmローター)を投入する。

 

ホイールはボルクレーシングZE40(11J×18)、タイヤには前後295/30-18サイズのプロクセスR888を組み合わせる。

 

 

エクステリアは、JSKフロントディフューザー+カナード、ニスモサイドステップ&リヤアンダー、ボルテックスGTウイングというミックス仕様だ。

 

 

このチューンドをサーキットでテストしたレーシングドライバーの井入宏之選手は「とにかくダイレクトで、まさに人馬一体。動きが掴みやすいから、ユーザーレベルでも攻め込んでいった際の安心感は高いはず」と絶賛。

 

コストパフォーマンスを重視し、素材の持つ魅力を最大限に引き出したこのBNR34は、サーキット派のGT-Rオーナーにとってお手本的な仕様と言えるだろう。

 

●取材協力:エンドレス 神戸市西区岩岡町古郷字南場960-8 TEL:078-969-2555

 

【関連リンク】

エンドレス

http://www.endless-r.co.jp/