「ハードトップの陰に隠れたセダンのシグマ!」B級感が全身から溢れるギャランシグマセダン2000エクシード【ManiaxCars】

公開日 : 2020/10/09 13:00 最終更新日 : 2020/10/09 13:00


高級感の無理くりな演出がたまらない!

 

ラインナップのねじれ現象に巻き込まれた不遇のセダンモデル!

 

駆動方式をそれまでのFRからFFに改め、1983年8月に発売された5代目ギャランのE10系。当初は4ドアセダンΣ(シグマ)のみのラインナップだったが、1984年10月に先代では2ドアハードトップだったΛ(ラムダ)の後継モデルとして4ドアハードトップが登場し、それにもΣを名乗らせてしまった辺りから、すでにミツビシの迷走は始まっていたように思う。

 

それが決定的になったのが1987年10月。E10系が存在しながら6代目ギャランとしてE30系が発売されてしまうのだ。マツダで言えば、GE系テルスターがあるのにCG系テルスターIIが登場! みたいな話だ。

 

しかもE30系ギャランは4ドアセダン。そりゃ同じセダンだったらメーカーとして新型E30系を推したいのは当然で、そのアオリを受けたE10系ギャランΣは本来Λの後継にすぎなかった4ドアハードトップが中心となり、本流だったセダンのラインナップが大幅に縮小されるという“ねじれ現象”が発生することになった。

 

 

で、今回の主役E17A型ギャランΣの4ドアセダン。取材車両は下位グレードのエクシードなのだけど、取ってつけた感たっぷりなマスコット付きフロントグリルとか、ドアサッシやバンパー、サイドミラー、ドアノブなどに多用されたメッキ処理とか、少しでも高級に見せようと頑張った跡が各部に伺える。

 

 

それはルーズクッションタイプのシートを始め、内装も同様だ。フロントシートは見た目の通り、身体が包み込まれるようなソフトな座り心地を味わえる。運転席にはシートリフター機能も装備。

 

 

もはやシートというよりソファという方が相応しい後席。ヘッドレストは前後&左右方向の調整が可能だったりする。また、レバー操作による手動式ではあるが、左右別々にリクライニング機構も備わる。

 

 

1本スポークのステアリングホイールが特徴的なダッシュボード周り。当時流行ったサテライトスイッチはステアリングコラム一体型で、チルト機構に合わせて上下に動く。

 

 

右から電圧/水温計、タコメーター、スピードメーター、デジタル式時計/燃料計が並んだメーターパネル。セダンとハードトップでわざわざデザインを変えている辺りが変態だ。

 

 

エアコンの設定温度や風量はサテライトスイッチで調整するが、吹き出し口はセンターコンソールのプッシュ式スイッチで切り替えるという謎のシステム。AM/FM電子チューナー+カセットデッキは標準装備品で、よくこの状態で残っていたと感心するしかない。

 

 

エンジンは、シリンダー内に強力な“超高速流”を発生させてレスポンス向上を実現していることから、ハードトップに搭載された直4のG63BターボやG62Bと合わせて“サイクロン”エンジンと呼ばれた2.0L・V6の6G71型。

 

事前にカタログで確認しておいたスペック(105ps/16.1kgm)から、正直あまり期待していなかったが、走り出したらこれがなかなか好印象。2000rpm付近でもしっかりトルク感があるし、吹け上がり自体はモッサリしながらも5500rpmまでは6発らしくスムーズに回ってくれる。この感覚、何かに似てる…と思い返してみたら日産のVG20E型で、実用エンジンとしては良くできていると感心した。

 

それからミツビシが高級車路線を狙っていたことは、かなりソフトな足回りやシートの座り心地からも明らか。そこがいかにも80年代車らしく、ミツビシに限らずトヨタも日産もホンダも、目指す方向性は似たようなものだった。

 

 

余裕の動力性能を誇る170ps/26.0kgmのG63B型2.0L直4、通称“ダッシュターボ”を載せたE15A型4ドアハードトップのような華やかさは皆無。しかし、そこが変態グルマ好きのツボなわけで、ギャランΣといったら存在感が希薄なE17A型4ドアセダンを真っ先に思い浮かべてほしいと願うばかりだ。

 

■SPECIFICATIONS
車両型式:E17A
全長×全幅×全高:4660×1695×1395mm
ホイールベース:2600mm
トレッド(F/R):1445/1415mm
車両重量:1250kg
エンジン型式:6G71
エンジン形式:V6SOHC
ボア×ストローク:74.7φ×76.0mm
排気量:1998cc 圧縮比:8.9:1
最高出力:105ps/5000rpm
最大トルク:16.1kgm/4000rpm
トランスミッション:4速AT
サスペンション形式(F/R):ストラット/3リンクトーションアクスル
ブレーキ:FRベンチレーテッドディスク
タイヤサイズ:FR185/70R14

 

●TEXT&PHOTO:廣嶋健太郎(Kentaro HIROSHIMA)