「ドナーのアリストを購入して自分で2JZエンジンを換装!」700馬力を手に入れたJZX90マークII

公開日 : 2020/09/19 06:30 最終更新日 : 2020/09/19 06:30


自らの手でエンジンスワップを敢行!

 

名門フナッツの手を借りて仕上げた拘りのゼロヨン仕様

 

VVT-i非搭載の2JZが搭載されているJZS147アリストをドナーとして購入し、オーナー自らエンジンスワップに挑戦したというJZX90マークIIの登場だ。

 

「ハーネスもコンピュータも1JZ用のままで大丈夫ということを知らずに、2JZ用のハーネスを引き直して、配線図と睨めっこしながら1JZ純正コンピュータに繋ぎましたよ(笑)」とオーナーは語る。

 

 

しかも、あえて純正ツインターボに拘り、ステアリングラックに干渉するアウトレットを大加工するなど換装作業は苦労の連続だったそう。しばらくは470psを発生させる常時ツインのブーストアップ仕様で楽しんでいたが、さらなるステップアップを求めてJZチューンの名門“フナッツ”での大幅な仕様変更を決意。

 

 

タービンや補機類、ミッション、ハーネスなどを交換し、ブースト1.6キロで700ps&70kgmを発揮するシングルターボ仕様へと進化を遂げたのだ。

 

 

チョイスしたタービンはターボネティクス社製のGTK1000。制御はF-CON Vプロで行っている。カザマオートのエンジンマウントを使用して、エンジンの搭載位置を15mmほど下げているのもポイントだ。

 

 

1JZと2JZではウォーターインレットパイプの角度が異なるため、換装時に1JZ用を流用。エンジン高の違いからラジエターのアッパーパイピングも要加工となる場合が多いのだが、このJZX90はエンジン搭載位置を下げているためにそれらを無加工のまま装着している。

 

 

エンジンルームのブレーキマスターには、HURST製ブレーキラインロックを割り込ませている。スイッチ操作でフロントブレーキのみをロックさせることができるゼロヨン専用パーツだ。

 

 

サージタンクやスロットルを交換したところ、バッテリーの搭載スペースが無くなったためトランクに移設。燃料はタンクからポンプ1基でコレクタータンクに汲み上げ、さらに2基のポンプで圧送するシステムだ。

 

 

ステアリングコラム上にセットされた大型のタコメーターが、ゼロヨンマシンらしい雰囲気を醸し出すインテリア。ミッションはJZA80スープラ用のゲトラグ6速を換装。また、F-CON Vプロによるプロスタートシステムも導入済みだ。

 

 

末広がりなBNスポーツのフルエアロとワークエモーションのコンビはドリ車のイメージが強いが、中身はカリカリのフルチューンドラッグ仕様。そのギャップが魅力的すぎるJZX90だ。

 

●取材協力:フナッツ 東京都西多摩郡瑞穂町箱根ケ崎東松原2-6 TEL:042-513-9327

 

【関連リンク】

フナッツ

http://www.fnatz.com/