「GRスープラの100倍好き! 」スモーキー永田が次期フェアレディZのプロトタイプに大興奮!

公開日 : 2020/09/16 10:25 最終更新日 : 2020/09/16 10:30


S15シルビア以来のFRターボ+MTのパッケージだ!

 

「ブレーキはR35GT-Rと同じだね」byスモーキー永田

 

再三にわたるティザー動画を経て、ついに“デジタル”ワールドプレミアされた次期型フェアレディZのプロトタイプ。

 

 

この発表会をリアルタイム視聴したトップシークレットのスモーキー永田は「想像以上にカッコ良いね。日産はスポーツカーの作り方がうまい。クルマ好きの気持ちを分かっているというか…。個人的にはGRスープラの100倍好き。ロングノーズ&ショートデッキの伝統的スタイルを守ってるし、それでいて先進性も感じる」と興奮気味。

 

 

続けて「プロトタイプはコンセプトモデルと違って、市販に限りなく近い状態を指すんだよね。ずいぶん、攻めたなぁと思う。チューナー目線だと、フロントは進化できるね。ロングノーズのバンパーを作っても良い気がする」。

 

 

ちなみに、GT-Rチューナーとしてのイメージが強いスモーキー永田だが、かつては魔改造Z33をD1GPで走らせ、Z34もオリジナルエアロパーツ&ターボキットで武装したデモカーを所有していた。いわく「サンマル系をはじめとするオールドZは好みじゃないんだけど、平成のZは好きでね」とのこと。

 

 

また、パワートレインに関しては“V6ツインターボエンジン、6速マニュアルミッション”というヒントしか出されなかったが「日産のラインナップを考えると、間違いなくスカイライン400RのVR30DDTTを積んでくるでしょ。それと、ブレーキはR35と同じブレンボだね。マニュアルミッション仕様も出るし、大人のスポーツクーペって感じで乗れそう」と分析する。

 

 

チューニング界のトップチューナーが大注目する新世代のフェアレディZだが、ネット上でも「カッコよすぎだろぉ………!!」「S30の現代版って感じだな!」「はい、買い替え決定」「学校休んで見たかいがあった!」「久しぶりに物欲わいた」などの反響が殺到。よくよく考えてみると、FRターボ+MTのパッケージはS15シルビア以来だ。クルマ好きなら期待しないわけがない。

 

 

「日産の魂はやっぱりGT-RとZ。色々と大変な時期だけど、田村さん(フェアレディZ統括責任者)の“日産もギヤチェンジしなければならない”という言葉は印象的だった。頑張ってほしいよね。僕は応援しているよ。え? 買うかって? もちろん!」。そう話を締めくくったスモーキー永田。やっちゃえ日産、ここからが本当の勝負だ。