「世界の三浦がまたやった!」価格は58万円、パンデムのGRヤリス用ワイドボディキットがカッコ良すぎる!

公開日 : 2020/09/06 10:00 最終更新日 : 2020/09/06 10:00


GRヤリスの発売と同時にパンデム仕様を発表!

 

ワイドボディキットのプライスは58万円だ!

 

86/BRZがデビューした2012年のSEMAショー。世界が注目するチューンドベースの多くが、現代風にアレンジされたビス留めオーバーフェンダーを装備していた。まるで、そのエアロキットが標準ボディであるかのような強烈なインパクト。これを機にROCKET BUNNY(ロケットバニー)というブランドと、デザイナー「三浦 慶」の名前が知れ渡ることになる。

 

 

そんな男が手がけた最新作が、このGRヤリス用ボディキットだ。WRカー真っ青のワイド&ローがインパクト抜群だが、ネオクラと先進性が共存するようなこの独創的フォルムは三浦マジックと呼ぶべきか。

 

 

ちなみに今作はPANDEM(パンデム)ブランドからのリリースとなるが、本流であるロケットバニーブランドとの違いはフェンダー形状にある。ロケットバニーはビス止めオバフェン仕様、パンデムはブリスターフェンダー仕様と大きく異なっているのだ。

 

 

また、ワイド幅は車種によって変わるそうだが、リヤは大体60〜70mmに落ち着くことが多いという。そのあたりが最もカッコ良く見える数値らしく、言わば「黄金比」みたいなものなのだろう。その例に漏れず、GRヤリスは約60mmワイド仕様となっている。

 

 

気になるキット価格は58万円(税別)。依然として留まることを知らない三浦旋風、現在のエアロパーツ市場はTRA京都を中心に動いていると言っても決して過言ではない。そしてその流れは今後も続いていくことだろう。ともあれ、GRヤリスを購入したユーザーにとっては垂涎の存在が誕生したというわけだ。

 

●問い合わせ:TRA京都 TEL:0774-43-3242

 

【関連リンク】

TRA京都

http://www.tra-kyoto.com