「匠が手掛けるレヴォーグチューンの今」現代版GTワゴンを覚醒させる老舗の提案とは!?

公開日 : 2020/08/25 11:00 最終更新日 : 2020/08/25 11:00


豊富なノウハウに基づくパーツラインナップと調律術!

 

名匠「近藤エンジニアリング」のレヴォーグチューンに迫る

 

かつて、ボンネビルで421.5km/hという大記録を達成したJUNオートメカニックZ32。その製作に携わった後に独立し、近藤エンジニアリングを立ち上げたのが近藤秀一氏だ。これまでの豊富なノウハウはオリジナルブランド「匠ワークス」のパーツに活かされているわけだが、そんな同社が現在注力している車種の一つがレヴォーグ。

 

 

まず、その真髄とも言えるのが現車セッティングによるECUチューン(19万5000円)。近藤エンジニアリングでは、セッティングツールにイギリスのECU-TEKを採用。近藤氏自信が拘り抜いた計測機などを用いて、テスト走行&書き換えに膨大な時間を費やし、装着パーツとエンジンのポテンシャルを最大限引き出していく。レヴォーグの場合、特に重視するのはノッキングの解消。最終的にプレーンかつクリアなNAのような乗り味になり、結果的に速く、リニアな特性となる。

 

 

足回りでは、車高が変化してもストローク量の変わらないフルタップ式で、減衰力は伸縮独立調整式を採用したオリジナル車高調(42万5000円)を設定。レヴォーグでは、特にリヤのストローク量が十分ではないため、ローダウンしながら縮み側と伸び側とのバランスを取るべく、別タンク仕様としているのがポイントだ。スプリングはハイパコが標準だ。

 

この他、エントリーユーザー向けの廉価モデル(減衰力シングル調整式:28万5000円)も用意されており、これらは全て純国産だ。

 

 

エンジン系でのオススメは、点火性能を高めるイグニッションコイル(9800円/個)。コイルは通常2〜3万kmでかなり劣化する消耗品でもある。この製品は純正品よりもリーズナブルで、強力なスパークが長時間持続するため、リフレッシュの一手としても有効。精度を高め、安全かつ確実なパワーアップが可能だ。

 

 

近日リリース予定のインテークガイドパネルは、走行風をインテークダクトへと効率的に導風するためのもの。通常であればボンネットキャッチ部などに漏れてしまう走行風を、車種専用設計のこのパネルを使うことで密閉性を高め、しっかりと捕まえることが可能になる。FRP製だけでなく、ファッション製の高いカーボン製も設定。

 

 

重量級のレヴォーグだけに、ブレーキの強化は必須というのが近藤エンジニアリングの考え。フロントキャリパーにはGDB純正を移植しガンコート塗装を施す。ローター径を大型化するチューニングメニューも用意されており、フロントに355mm、リヤに342mmのオリジナル国産ローターをラインナップ。スリット入りの2ピース構成だ。

 

 

「クルマはバランス。整備なくしてチューニングは無い」と語るほど、とにかく整備を重視するチューニングマイスターの近藤氏。より快適かつ安全にドライブできる大人のレヴォーグを望むオーナーに最適なメニューが数多く用意されているのだ。

 

●問い合わせ:近藤エンジニアリング 大阪府和泉市上代町147-1 TEL:0725-24-0516

 

【関連リンク】

近藤エンジニアリング

http://kondoengineering.com/