「これぞ至高のチューンドBNR32」戦闘力も美しさも圧倒的すぎる!

公開日 : 2020/08/23 13:00 最終更新日 : 2020/08/23 13:00

カーボンボディを”あえて隠す”スタイルが眩しい!

 

DIYで仕上げられた技ありコーディネイトのBNR32

 

カーボン地を生かした独創のエクステリアが、尋常ではないオーラを放つBNR32。ドレスアップ系に見えるが、その実は”ゼロヨン8秒台、筑波57秒台、最高速300km/hオーバー”という『三冠』を達成した、ステージを選ばない速さを誇るリアルチューンドだったりする。

 

 

特徴的なエクステリアは、オーナーが求める“理想のGT-R”を具現化したもの。SEMAショーなどで展示されていた、カーボン地を部分的に隠すカスタムペイントのショーカーに感銘を受け、その手法を取り入れながら個性を演出していったのだ。

 

 

ルーフはワンオフのカーボン製。フルカーボンのドアパネルは、他の部位とカーボンの目が合わないとの理由で表面を剥がし、新たに貼り込むほどの拘りよう。ちなみに、これらカーボン系のメイキングに関しては、オーナーが“オートサービス井戸”の手を借りながらDIYで行なったというから恐れ入る。

 

 

強度と軽さのバランスを考えて3回も作り直したというカーボンルーフは、室内側にシルバーカーボンを使って間にハニカム材を挟み込んだ3層構造。鉄板ボンドという接着剤でボディ(ピラー部)と接着している。

 

 

理想のツライチを実現すべく、ホイールに合わせてカーボンフェンダーを製作。ワイド幅はフロント20mm、リヤ30mmに設定し、派手すぎず地味すぎずの絶妙なラインを狙った。ホイールはパナスポーツ。前後ともに18インチでフロントが10J±0、リヤが11J±0というサイズ構成だ。

 

 

エンジンやボディメイクは、全て名将“ガレージザウルス”の手によるもの。HKSの2.8Lキットを組み込んだフルチューンエンジンにHKSのT51R-SPL BBタービンをドッキングし、最高出力950ps&最大トルク98kgmを絞り出している。仕上げの美しさは、さすがザウルスという他にない。

 

 

センターコンソールに必要最低限のメーターをビルトインするなど、コクピットは機能性を重視したシンプルメイク。ミッションはIパターンのOS技研6速シーケンシャルドグだ。

 

 

美しさに拘り抜いた結果、純カーボン仕様と比較すれば重量増となっているパートがあるのは事実。それでも、これまで速さを追求し続けたこのGT-Rの車重は1200kg台を実現しているのだ。

 

その性能に引けを取らない美観を有するスーパーチューンド、オーナーの求めた「至高のGT-R」に相応しい仕上がりと言えるだろう。(OPTION2誌2007年6月号より抜粋)

 

●取材協力:ガレージザウルス 埼玉県狭山市入間川4-8-16 TEL:04-2968-9212

 

【関連リンク】

ガレージザウルス

http://www.g-saurus.jp