「カスタムオーディオのプロが提案するスポーツカー向けの室内快適術!」サウンドプロ【SPECIAL SHOP】

公開日 : 2020/08/21 16:00 最終更新日 : 2020/08/21 16:00


スポーツ系マシン用のオリジナルパーツが続々登場!

 

ドライブのクオリティを高めるインテリアメイキング!

 

R35GT-Rをデモカーに、ハイクオリティなサウンドの提案やインテリアメイクを繰り広げる“サウンドプロ”。

 

音とスタイリングに拘るワンオフ技術はもちろん、昨年あたりから注目度を高めているのが、R35向けに開発したオリジナルの2DINパネル+オーディオコントロールスワップキット(25万4000円)だ。

 

 

中古車市場で多い初期〜中期モデルの純正マルチは、ナビデータが古くなってしまっているだけでなく、機能性や拡張性も不足しがち。

 

しかし、エアコンとオーディオの操作パネルが一体化している上、ドライブコンピュータの表示でも必要なため、取り外すという選択肢はあり得ない。そこで活躍するのが、この“2DINパネル+オーディオコントロールスワップキット”。

 

 

キットには、純正コントロールパネルをルーフのルームランプ位置に移設するためのパネルや、空いたコンソールを2DIN化するフレームや取り付け金具、ハーネスなどが含まれ、純正オーディオやエアコンの機能を100%維持。

 

これにより、最新2DINナビのインストールが可能になるのだ。ただし、取り付けにはそれなりの知識や技術を必要とするので注意が必要なため、プロショップでの施行が望ましいだろう。

 

 

GT-R以外にも、JZA80スープラ専用の防水防腐加工済みバッフル(1万円)や、樹脂製で経年劣化しがちな純正シフトカラーの代替品としてアルミで作られたシフトカラー(1万円〜1万5000円)など様々なオリジナル製品を開発している。

 

 

そして、新たな注目パーツのひとつがリヤビューカメラ埋込取り付けブラケット(2000円)。標準的な取り付けの場合はカメラがピョコッと飛び出してしまうが、このブラケットを利用すれば純正装備に近い自然な取り付けが行えるのだ。

 

 

「走行でのパフォーマンスはもちろんですが、快適で楽しいドライブにはオーディオなどのスパイスも必要ですよね。そんなストリート向けの楽しさを、さらに引き出すのがサウンドプロのコンセプトです。そのためオリジナルアイテムはDIYを支援するものも多数用意していますし、スピーカー交換から様々なワンオフ作業も気軽にご相談くださいね」とは、サウンドプロ竹原さん。

 

チューニングカーでも良い音を楽しみたい。もっと快適でスマートなインテリアを作りたい。サウンドプロは、そんな要望を確実に満たしてくれるアイディアと実力を兼ね備えたスペシャリストなのだ。

 

●取材協力:オーディオファクトリー サウンドプロ 東京都荒川区東尾久2-38-14 TEL:03-5913-8450

 

【関連リンク】

オーディオファクトリー サウンドプロ

https://www.soundpro.jp/