「愛車の限界値を知る」水温と油温のレッドゾーンを車種別に公開!【トヨタ/ホンダ/スバル/ミツビシ編】

公開日 : 2020/08/17 11:00 最終更新日 : 2020/08/17 11:00


水温&油温のレッドゾーンを知る

 

 

人気チューニングベースの冷却ポイント&ノウハウ

 

人気チューニングベースの、水温&油温における推奨温度域&限界値を紹介。実力派チューナー達が、その経験値から導き出した温度域を参考に、今後のクーリング対策に活用していこう!

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

86&BRZ(ZN6/ZC6) × FA20

 

 

水温:推奨温度域 80~95度/限界温度域 100度

 
純正の水温設定温度は高く、電動ファンの作動温度は100度に近い。通常は走り出せば水温が下がるが、少し低い温度でファンを始動させておく方が安心だ。サーキット走行では最大を95度程度にしないと、フェイルセーフが介入しパワーダウンも著しい。サーキットをメインに考えるなら、温度管理と冷却系の強化を心がけよう。
 

 

油温:推奨温度域 80~120度/限界温度域 130度

 
86&BRZは、フリクションを減らすために純正オイルの粘度指定が非常に柔らかい。JUNではスポーツ走行派には2.5W-30(RH9オリジナル)や5W-30(モティーズ)といったものを推奨している。また、廉価なオイルは130度を超えると一気に添加成分が分解し、性能が落ちるので注意が必要。ターボやスーパーチャージャーを付けた車両は、10Wor15Wが粘度がオススメ。

 

●取材協力:ジュンオートメカニック 埼玉県入間市狭山ヶ原松原102-1 TEL:04-2934-5335

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ツアラーV[JZX100] × 1JZ-GTE

 

 

水温:推奨温度域 80~90度/限界温度域 110度

 
初期型は20年以上が経過しているため、ファンカップリングのクラッチがダメな個体も多く、街乗りでも水温が上がりやすい場合は交換が必要。エンジン内部の錆でも水温は上がりやすく、定期的なクーラントの洗浄交換を推奨。サーモは72度くらいがオススメで、400psまでなら上記の改善やきちんとしたエア抜きで安定する。
 

 

油温:推奨温度域 90~110度/限界温度域 125度

 
油温はサーキット走行では上がりやすく落ちづらいので、連続走行するのであればオイルクーラーの装着は必須。ただ、あまり良い設置場所が無いので、電動ファンを併用して油温をコントロールするのが理想だ。逆に冬場は、ほぼタイムアタックしか使わない場合や街乗りだけならオイルクーラーは必要ない。

 

●取材協力:カーメイクラスティー 千葉県白井市冨士51-4 TEL:047-441-6226

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

S2000(AP1) × F20C

 

 

水温:推奨温度域 82度/限界温度域 90度

 

チューニングでパワーアップした車両やサーキット走行をする場合、ノーマルラジエターでは容量不足。まずはスポーツクーラントの導入は必須だ。また、ローテンプサーモスタットやサーモスイッチの組み合わせも効果的で、ノーマルに比べて10度近く水温を下げることができる。

 

 

油温:推奨温度域 90~110度/限界温度域 130度

 

純正の水冷オイルクーラーをしっかり機能させるためにも、エンジンオイル選びは重要。化学合成油の中でも耐熱性、耐久性の高いものを選ぶことがポイントだ。また、オイルクーラーや油温計を取り付ける場合、油圧低下からトラブルを起こしやすいサンドイッチブロックの使用をジェイズレーシングは厳禁としている。

 

●取材協力:ジェイズレーシング 大阪府茨木市畑田町10-17 TEL:072-645-3500

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

シビックタイプR(FD2) × K20A

 

水温:推奨温度域 78度/限界温度域 90度

 

 

限界温度域の90度付近ではエンジンが壊れるほどでないが、ホンダ車の多くがそうであるように、FD2も水温85度以上でECUの高水温補正が働いてパワーダウンしてしまう。水温条件が厳しい場合、ラジエターは信頼性の高いアルミ2層式などに交換すべし。また、ジェイズではECUで電動ファンの作動温度のみを書き替えるプランも設定している。
 

 

油温:推奨温度域 100度/限界温度域 120度

 
高回転域を多用するサーキット走行時は、油温よりも気をつけたいのが前後Gと横Gによってオイルポンプがエアを吸い込むことで起こる、油圧の低下だ。バッフルプレート付きのSPLオイルパンを装着することで、油圧低下が防げるとともに油温も低下させることが可能となる。

 

●取材協力:ジェイズレーシング 大阪府茨木市畑田町10-17 TEL:072-645-3500

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

インプレッサWRX (GDB) × EJ20

 

 

水温:推奨温度域 85~90度/限界温度域 100度

 
ラジエターの容量自体には特に問題は無く、純正でもサーキット走行は可能ほど。ただし、ハードに走るとホース類の抜けなど水漏れの危険性もあるので、そうした場合は信頼性の高いメーカーのホースに交換するなどしっかりと対策はしておこう。
 

 

油温:推奨温度域 100~110度/限界温度域 130度

 
インプレッサの場合、特に油温が上がりやすいというほどではないが、やはりサーキット走行などを行う場合にはオイルクーラーは必須。また、ハイチューンなるほど油温管理もシビアに行わないとトラブルに繋がるため、適正温度が保てるようにセットアップすることが重要だ。

 

●取材協力:ボズスピード 埼玉県三郷市天神1丁目127-1 TEL:048-952-8586

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ランサーエボリューション9(CT9A) × 4G63

 

 

水温:推奨温度域 80~95度/限界温度域 105度

 
純正でもカルソニック製ラジエターを装備しているので、水温対策にはそれほど気を使う必要はない。しかし、80度以下になると点火時期を遅らせたり、MIVECの動きにも影響を及ぼす“低水温補正”がかかるので気をつけたい。
 

 

油温:推奨温度域 100~120度/限界温度域 140度

 
サーキットをガンガン走るのでなければ、純正オイルクーラーの容量は足りている。ただし、純正バンパーにはオイルクーラーに向けての導風板が備えられており、バンパー交換で導風板のない社外を導入すると、逆に温度上昇に繋がることもあるので注意が必要だ。

 

●取材協力:Gフォース 神奈川県横浜市鶴見区獅子ヶ谷2-39-68 TEL:045-716-8013

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ランサーエボリューションX(CZ4A) × 4B11

 

 

水温:推奨温度域 80~95度/限界温度域 105度

 
08、09モデルまでのサーモスタットは76.5度で比較的早く開くため、街乗りだと80度以下になって低水温補正がかかりやすいため注意(09モデルからは82度設定なので問題なし)。また、ランエボXのカルソニック製ラジエターは高性能なので、安価なアフター品は逆に性能ダウンとなることも覚えておきたい。
 

 

油温:推奨温度域 100~120度/限界温度域 140度

 

CT系と同様に純正バンパーにはオイルクーラに向けての導風板が備わっており、それを取り除くと温度上昇に繋がるためバンパー交換は注意が必要。それ以外では、オイルの性能をきちんと管理できていれば大きな問題は起こりにくい。一方、SST車であればSSTフルードの温度がヒート傾向にあるため、要チェックだ。

 

●取材協力:Gフォース 神奈川県横浜市鶴見区獅子ヶ谷2-39-68 TEL:045-716-8013