「パーツチョイスのヒントがここにある!」見ても、参加しても楽しめる『コクピット カスタマイズカー コンテスト 2020』開催中!

公開日 : 2020/08/14 15:00 最終更新日 : 2020/08/18 20:35


タイヤ・ホイール・車高調・マフラー……走りも見た目もお任せの実例満載

 

 

“コクピット・カスタマイズカー・コンテスト”、通称“CCC”。ブリヂストンのカー用品専門ショップ“COCKPIT(コクピット)”の技術で手厚くサポートするクルマが一堂に会する注目の企画だ。

 

コンテストを通して、大好きなクルマのある生活をもっと楽しんでもらおう!というのがコンセプト。そのため、あまり堅苦しく考えずに「せっかく自分好みにカスタムしたんだから、WEBに載せちゃおう」くらいの軽いノリで参加できるのである。

 

参加希望の場合は、まず利用しているコクピット店で愛車の写真を撮影。そしてコクピットのホームページ「COCKPIT PRESS」のCCCスペシャルサイトに掲載するという流れだ。

 

クルマ好きなら、ずらりと並んだエントリーカーを眺めるだけでも楽しめるが、自分のクルマに置き換えて、カスタマイズの参考にするのもアリだ。ああしたい、こうしたいのヒントが、必ず見つかるはずだから。

 

そして、気に入ったコンテスト参加車両を見つけたら、“いいね”ボタンを押せば、それが人気投票の一票になる。スポーツカー、ミニバン、SUVなどカテゴリー別にチェックすることもできるので、お目当ての車種も探しやすい。

 

 

今年のWEB投票は10月30日(金)までとロングランで開催しているが、ミニバン、SUVといったカテゴリー別の表彰の他、「ホイール賞」も大注目。

 

BBS、RAYS、WORK、Weds、SSR、Prodrive、POTENZAの各ホイールを装着している参加車両の中から、何とそれぞれのブランドが選出! お気に入りのホイールブランドから「いいね!」と太鼓判を押されるチャンスなのである。オリジナルグッズなど副賞も用意されている。

 

さらに2020シーズンは、「RECARO賞」「CUSCO賞」「TEIN賞」を新設。それぞれのメーカーのパーツを愛用しているユーザーにとっては見逃せないはずだ。

 

例えば昨年の受賞車両をピックアップしてみると……

 

 

まずはスポーツカークラス1位、レクサス RC-F。

 

オリジナルデザインをより際立たせると同時に空力性能向上に拘った、カーボン製のNOVEL RC F aerodynamicsを装着。ホイールは驚くほど軽量で、なおかつ高剛性を実現した超超ジュラルミン製のBBS RI-Dをチョイスし、プレミアムスポーツタイヤ POTENZA S007Aをセット。さらに車高調は、CUSCO SPORT TN-Sをベースに特注したRC-F専用のスペシャル。見ても乗ってもスキのないカスタムで、魅力をより一層増している。

 

 

お次は軽自動車クラス1位、ホンダ S660。

 

ホイールは色とサイズに拘ったWORK RIZALTADO SPOKE2を装着。スポークはゴールドをチョイスし、オーダーサイズによって絶妙な深リムスタイルを演出。車高調はTEIN FLEX Zを装着。街乗りからワインディング、サーキットまで、室内から減衰力をアジャストできるようEDFC ACTIVEも組み込み、タイヤハウスの隙間に合わせダウン量を決め、バランスの取れた車高に。アライメント調整できっちり仕上げ、タイヤの偏摩耗もなく快適な乗り心地を実現しているのがポイントだ。

 

 

続いてはコンパクトカークラス1位、日産 ノートニスモS。

 

ブロンズカラーが鮮やかなVOLK RACING ZE40を装着! 以前R32GT-Rに乗っていたというオーナーが、通勤を含めた日常使いからサーキット走行までを幅広くこなしているノートニスモS。ZE40はストリート用で、タイヤはスポーティな乗り味と日常仕様における快適性のバランスを考えてPOTENZA S001を組み合わせている。この他にPOTENZA RE-12DとVOLK RACING CE28SLのセットをサーキット走行のために用意するなど、オーナーの拘りが詰まった1台だ。

 

 

さらにセダンやワゴンなどのクラスで1位を獲得した、スバル WRX STI。

 

コンペティション仕様のCUSCO SPORT X 車高調を装着し、CUSCOラテラルリンクやCHARGE SPEED ロールセンターアジャスターを用いてセッティング。マットガンブラックのVOLK RACING TE037 6061をチョイスし、リアル・スポーツ POTENZA RE-71Rをセット。この他、HKSスーパーターボマフラーのチタンバージョンや、オートプロデュースA3 AGRESS 3連メーターフードを使ってスマートにインストールしたDefi-Link Meter ADVANCE A1など見どころ満載。

 

 

そしてこちらはホイールチョイスでPOTENZA賞に輝いた、日産シルビア。

 

お買い物、ドライブ、デートまで、日常の中で走りを楽しめるよう仕上げたS15。J-BLOODカーボンボンネットに始まり、BEHRMANフロントバンパー/サイドステップなどを装着。さらに78ワークス・ヘッドライトとBEHRMAN LEDテールランプでスタイリッシュに仕上げられている。車高調はBLITZ ダンパー ZZ-Rをチョイスし、タイヤ&ホイールはPOTENZA RE-71R & POTENZA RW006。つまりPOTENZA×POTENZAでフットワークを引き締めているのが心憎い。

 

なお、このコンテストには一応参加条件があって、コクピット店でブリヂストン、ファイアストン、デイトンのタイヤを購入し、装着していること。もちろん、車検対応のカスタマイズであることも絶対だ。

 

 

【コクピット・カスタマイズカー・コンテスト(CCC)2020コンテスト概要】

●コンテスト内容

・参加車両はコクピットのウェブサイト“COCKPIT PRESS”内CCCスペシャルサイトでご紹介します。
・CCCスペシャルサイトをご覧になった方は、お気に入りのクルマを見つけてWEB人気投票をすることができます。
・ご覧になった方々のWEB人気投票を参考に、軽自動車、コンパクト、スポーツ、ミニバン、SUV、その他国産、輸入車の合計7クラスにおいて1〜3位を決定し表彰します。
・クラス別表彰の他、BBS、RAYS、WORK、Weds、SSR、Prodrive、POTENZAホイールを装着されている参加車両の中から、各ブランドが選出する「ホイール賞」を決定し表彰します。
・RECAROシート装着車両からRECARO賞を、車高調装着車両からCUSCO賞とTEIN賞を決定します。こちらも各メーカーが選出します。
・参加は各コクピット店で受け付けています。店舗にておクルマの写真を撮らせていただき、カスタマイズ内容とともに掲載します。

●参加規定

参加資格は、コクピット店にてタイヤとホイールを購入したお客様とします。参加車両にはブリヂストン製タイヤ(ファイアストン、デイトン、セイバーリングを含める)が装着されていることが必要となります。

●参加車募集期間

4月13日(月)〜10月23日(金)

●WEB投票期間

5月11日(月)〜10月30日(金)

 

【関連リンク】
コクピット カスタマイズカー コンテスト2020
https://www.cockpit.co.jp/customize/ccc/outline.html