「2600rpmでフルブーストに到達!?」GT-Rの匠が作り上げた超快適仕様のBNR32

公開日 : 2020/08/14 13:00 最終更新日 : 2020/08/14 13:00


拘ったのは圧倒的なパワーバンドの広さ!

 

 

RBチューンの匠が作り上げた快適ストリートチューンの新境地!

 

ノーマル然としたルックスながら只者ならぬオーラを放つこのBNR32は、何を隠そう“ガレージザウルス”林代表の愛車だ。ストリート仕様ながら、いざとなればゼロヨンやサーキット走行でも速さを見せるオールラウンド型だが、コンセプトは「いかにパワーバンドを広く取れるか?」というもの。

 

HKSの2.8Lキットで排気量アップ。

Vカムはステップ1(EX:264度/9.1mmリフト)

 

エンジンはHKSのステップ2キットを組み込んだボア87φ×ストローク77.7mmの2.8L仕様で、ヘッドには可変バルタイのVカムシステム(ステップ1)を装着。RB26DETTの弱点である低速トルクを補いながら、高作用角ハイリフトなカムでさらなる高回転の伸びも獲得している。燃料系は、ニスモ660ccインジェクターと、280L/h燃料ポンプで強化する。

 

最大ブースト圧は1.4キロに設定。パワーは485psを発生する。

 

タービンはあえて小振りなGT-SSツインをチョイスすることで、2800rpmでピークブーストの1.4キロに到達し、そのまま7000rpmまで力強い加速が持続するワイドなパワー特性を獲得。ちなみにレブリミットは8200rpm。エアフロは550ps程度まで対応するニスモ製に変更、制御はザウルスのメインCPチューンだ。

 

室内はほぼオリジナルの状態を保っている上に極上のコンディション。

BNR34ミッションにスワップしているが、純正然とした雰囲気。

 

室内はシートやステアリングまで含めて、あえて純正仕様。コンディションをキープするためのチューニングも抜かりなく、ミッションは耐久性のあるBNR34のゲトラグ6速に変更している。

 

オイルクーラーはトラストの13段コアのものを装備。

 

チューンドRB26は油温が厳しいため、トラストの13段オイルクーラーを追加。コアに走行風が当るようにバンパーダクト開口部ギリギリにピッタリ合わせてマウントしている。

 

ブレーキキャリパーは前後共にトラストのGREXキャリパーで強化。

 

足回りはオーリンズの別タンク式車高調(F9kg/mm R7kg/mm)でセットアップ。アーム類はニスモ製に交換され、セッティングの幅を広げている。ブレーキは、トラストのGREX(F6ポット+355mmローター R4ポット+340mmローター)でストッピングパワーを強化。

 

「エアコン付きの快適スペックで、車重は1450kgとそれなりの重さ。ファイナルも4.1だから最高速は290キロ位しか出ないかな…」とは林代表。

 

フロントフェンダーは交換、リヤは叩き出しでワイド化している。

 

エクステリアは純正をキープ。ただし、295mm幅のワイドタイヤが収まるようフェンダーをさりげなく叩き出し加工している。ホイールはアドバンレーシングTCIIIの18インチ(11J)をツライチでセット。

 

ノーマル然としたスタイリングも林さんのこだわりポイント。

 

「R35GT-Rが出てきてストリート仕様に対する考え方が変わったよね。このマシンでも、ピークではなく平均馬力を上げることを意識してセットアップしているよ」と林代表。

 

最高出力は485psとチューンドRにしては控えめながら、全域で出力向上を果たすことで、どんなステージでも速く、そしてストリートでも扱いやすいスペックに仕上げているのだ。(オプション2誌2014年10月号より抜粋)

 

●取材協力:ガレージザウルス 埼玉県狭山市入間川4-8-16 TEL:04-2968-9212

 

【関連リンク】

ガレージザウルス

http://www.g-saurus.jp