「GRスープラにはドライカーボンが似合う!」RZ用の高機能サクションキットがデビュー

公開日 : 2020/08/06 15:00 最終更新日 : 2020/08/07 19:23


実用域で約4度の吸気温度低下を実現!

 

 

軽量化にも役立つドライカーボンインテークキット

 

2019年の登場以来、チューニングベースとして注目を集めているGRスープラ。その走りをさらに刺激的なものへと仕立てる“ドライカーボンレーシングサクション”が、HKSから発売されるという情報が舞い込んできた。

 

 

インテーク部には高品質&超軽量のドライカーボン素材を採用することで、純正のゴムホースに比べて約35%、重量にして約1キロ(純正3.1キロ:HKS製2.1キロ)の軽量化を実現している。

 

 

タービン入口への連結は、純正同様のアタッチメント式としているため、システムアッセンブリーでのワンプッシュ装着が可能だ。

 

 

もちろん、インテークアイテムということで性能面に抜かりはない。HKS独自のフローベンチテストでは、通気抵抗値7キロパスカル時に約13%もの吸入空気量アップを達成している。

 

 

出力に大きく関わる吸気温度に関しても、パイプをアルミ製とドライカーボン製とで比較テストしたところ、ほぼ全域に渡ってドライカーボン製の方が温度上昇率&滞留温度を軽減できることが実証されている。

 

 

8月7日よりリリース開始となるこの製品の価格は9万8000円だ。既に発売されているスーパーターボマフラーやマスタリーECUと組み合わせれば、さらなるパワーアップも狙えるというから、HKSパーツでのコンプリートチューンを視野に入れながらチューニングを進めるのが正攻法と言えるだろう。

 

●問い合わせ:エッチ・ケー・エス 静岡県富士宮市北山7181 TEL:0544-29-1235

 

【関連リンク】

エッチ・ケー・エス

https://www.hks-power.co.jp