「元・湾岸最高速ランナーの相棒は800馬力のBNR32」これが正真正銘のストリート痛快スペックだ!

公開日 : 2020/08/05 05:30 最終更新日 : 2020/08/07 19:15


最高峰のチューニングパーツやグループAのパーツで武装!

 

 

第2世代GT-Rマニア垂涎のスペックで駆け抜ける32R

 

全盛期の関西エリアを走っていたというオーナー。生活環境の変化などもあり、走りはキッパリと辞めていたと言うが、その後20年近いブランクを経て新たに迎え入れたのがこのBNR32だ。

 

 

エンジンはHKS2.8Lキット・ステップ3にて排気量アップ。そこに国内最大級の風量を持つT88-38GKタービンをセットし、軽く800psを超えるスペックを実現している。吸気系はニスモサージタンクやナプレック49φスロットルで高効率化。燃料系は大容量ポンプや1000ccインジェクターに加え、ラインも引き直すなど徹底的に作り込まれている。

 

また、状況に左右されない安定性の高さからZ32エアフロ+パワーFCで制御しているのもストリート仕様らしいメイキングだ。

 

 

ミッションは、耐久性の高さとギヤ比選択の幅広さからホリンジャー6速シーケンシャルに換装。超高速域においても、T88タービンと合わせて大きなアドバンテージをもたらしてくれるパーツだ。

 

 

足回りはクァンタム車高調にスウィフトスプリングをセット。アーム類はイケヤフォーミュラ製に交換され、セッティングの幅を広げている。また、ブレーキはフロントにグループAで実際に使われていたAP6ポットキャリパー、リヤに市販のAP4ポットキャリパーが装着される。

 

 

シンプルにまとめられたダッシュボード周り。追加メーターはセンターコンソールに水温、油温、ブースト計が、グローブボックス内に燃圧、電圧計がセットされる。メインメーターは、ニスモの320km/hスケールメーターだ。

 

 

フロントはエクストリーム製に交換、リヤは叩き出しで片側20mmずつ拡大されたフェンダーがエクステリアのハイライトだ。BNR34サイズとなる10.5Jオフセット+15のボルクレーシングRE30が、10mmスペーサーを介すとツライチで収まる。タイヤはアドバンスポーツで265/35-18。ワイドトレッド化が他のBNR32とは一味違う迫力のルックスを生み出している。

 

 

製作を担当したフェニックスパワーの横山代表が「ストリートを堂々と走れるBNR32の究極形とも言うべき仕様ですね」と語るこのパッケージ。チューンドに魅せられたオーナーの望みを全て叶えた、最高の相棒と言えるだろう。

 

●取材協力:フェニックスパワー 福井店:福井県坂井市丸岡町朝陽2-317 TEL:0776-67-2980/京都店:京都府久世郡久御山町佐古外屋敷37-2 TEL:0774-48-1157

 

【関連リンク】

フェニックスパワー

http://www.phoenixs.co.jp