「カンサイサービスらしい調律術が光る!」実用性も速さも兼ね備えたライトチューン仕様アルトワークス!

公開日 : 2020/07/28 11:00 最終更新日 : 2020/07/28 11:00

楽しすぎる通勤快速マシンがこれ!

 

低コスパと楽しさを兼ね備えた至上の通勤車仕様

 

Kカー最強の64psをレギュラーガソリン仕様で発揮する点に注目し、ランニングコストに優れた通勤快速マシンとしてまとめ上げたのが、お馴染みカンサイサービス。

 

ピンポイントの弱点対策を施しただけのライトチューンながら、ストリートからワインディング、ミニサーキットまで楽しく走れるスペックへと変貌させている。

 

 

R06Aエンジンは、インタークーラーをHKS九州サービスの大容量タイプに変更し、HKSのサイレントハイパワーマフラーを装備。そうして吸排気の効率を引き上げた上でフラッシュエディターを組み合わせることで、88.8ps/13.9kgmのスペックを実現している。

 

 

フラッシュエディターはカンサイサービスのスペシャルセッティングとなり、実走でのフィーリングを追求し、最大ブーストを変えずに過渡特性重視で高回転のパワーを維持させるのが特徴だ。また、レギュラーとハイオク仕様の任意切り替えも可能にしている。

 

 

車高調のハイパーマックスMAX4GTは、市販バージョンをそのまま装着。ハードな走りではブレーキもフェード気味になるので、プロジェクトμのパッド&シューと高性能ブレーキフルードで対応している。

 

 

ボルトオン装着で効果的にボディ剛性のアップが図れる、フロントロワアームバー、センターロワブレスバー、リヤエンドバーも専用開発。クロモリパイプ採用で車重の増加を最小限としているのも拘りだ。

 

 

シートは純正レカロのままだが、ローダウン化を実現する独自のローポジションシートアダプターを装備してシートポジションを最適化している。

 

 

トルクの谷が解消されたエンジンフィーリングは純正とは雲泥の差。4000rpmから7000rpmまでフラットに加速する特性は快感の一言だ。しなやかさを重視した足回りのセッティングもあり、サーキットでのテストも快調にこなすハイレベルな仕上がりを見せた。コンセプト通り、コストパフォーマンスも走りの楽しさも兼ね備えた至上の通勤快速車両というわけだ。

 

●取材協力:カンサイサービス 奈良県奈良市小倉町1080 TEL:0743-84-0126

 

【関連リンク】

カンサイサービス

http://www.kansaisv.co.jp