「400メートルを8秒で駆け抜ける超軽量BNR32」パワーウエウトレシオは驚異の1.05!

公開日 : 2020/07/28 05:30 最終更新日 : 2020/07/28 05:30


約400キロのシェイプアップで超軽量スペックを実現!

 

名門ショップがドラッグ専用に組み上げた珠玉のBNR32!

 

第二世代GT-Rを中心に、数多くのハイパワーチューンドを手がけてきた名門“アバンス名東”が製作したBNR32の登場だ。ターゲットステージはドラッグ、ベストタイムは8秒3というから半端ではない。

 

 

メイキングは、JAF公認RRC(ロードランナーレーシングクラブ)のレギュレーションに沿う形で進められており、8秒台を連発するマシンとしてはかなりシンプルな外装の作りが特徴だ。

 

 

心臓部のRB26DETTは、HKSの鍛造ピストンにフルカウンタークランク、トラストのH断面コンロッドをインストール。ストロークはノーマルのまま、ボアを87mmに拡大した2627ccで、9500rpmまでパンチが持続する高回転仕様になっている。効率を追求したパイピングなども注目のポイントだ。

 

 

タービンに関しては、これまでにTD06SH-25GツインやGT3240ツインなど様々なサイズを試してきたが「トラブルリスクも低く、パワーバンドも広がり、レスポンスも良い」と、取材時はRX6-TCW77をツインで装備。最大ブースト圧2.3キロ時に1000psを発揮する。

 

 

スロットルは純正の6連からナプレックの100φシングルへと変更。同時にインタークーラーパイピングも100φで製作し、大容量のサージタンクもアルミのワンオフスペシャルとなる。

 

 

軽量化と整備性向上のため、サブフレームごと大胆にカットされたフロントセクション。ラジエターも大容量タイプではなく、シンプルで軽いBNR34前期純正を使い、重量配分を考えてオルタネーターまでも移設されている。

 

 

ヘッドライト部にダクトを確保し、タービンまでエアガイドが構築されている。エアガイドはフレッシュエアを効率良く導く事を目的としているが、フロントの駆動が巻き上げた小石がタービンにヒットして破損するのを防ぐ役割もあるのだ。

 

 

マフラーはハス切りされた2本の極太テールを助手席サイドに装備。このサイド出しレイアウトも決してルックス優先ではなく、マフラーの全長を少しでも短くして重量を軽くすることを狙った結果の選択だ。

 

 

この車両はドラッグ専用機のため、タイヤはバイヤス構造のドラッグスリックを履く。銘柄はフージャー製でサイズは28.0/10.0-15(外径/トレッド幅-ホイール径・すべてインチ)だ。4WDのため4輪とも同サイズとなる。サスペンションはアペックス製のN1ダンパープロを装備。

 

 

ボディは、フルストリップ状態から削れるところは一切妥協せずに削り込まれているため、室内も超スパルタン仕様だ。ノーマルの内装パーツは一切なく、必要最低限の計器を装備する。ミッションはホリンジャーの6速シーケンシャルを組んでいる。エアシフターはあえて封印しているそうだ。

 

 

かつて参戦していたRRCでは、FRPなどの外装パーツの使用が禁じられていたため、純正ボンネットの裏骨を取るなど徹底的に軽量化。贅肉は残っておらず、純正パーツにも関わらず信じられないほどの軽さを誇る。重量は1050キロ、純正から400キロ近い軽量化が行われているのだ。

 

 

このクラスにもなると、終速が250km/h以上という領域に達することもあり、踏み切るにはかなりの勇気が必要だが、オーナー曰く「ヨレて腰砕けてしまいそうな雰囲気は全く感じない」という。まさに質実剛健という言葉の似合う、スパルタンさが眩しいチューンドだ。(OPTION2誌2011年7月号より抜粋)

 

●取材協力:アバンス名東 愛知県名古屋市守山区太田井5-29 TEL:052-796-0271

 

【関連リンク】
アバンス名東

http://www.bea.hi-ho.ne.jp/avance/menu.htm