「レーシングチームとパーツメーカーがタッグを組んでS660を攻略!」高性能パーツの数々を見逃すな

公開日 : 2020/07/25 06:30 最終更新日 : 2020/07/25 06:30


実力派レーシングチームと老舗フットワークチューナーが夢のコラボ

 

リアルスポーツとタナベがタッグを組んでS660を攻略!

 

スーパーGTやスーパーフォーミュラといったトップカテゴリーを戦い、広く名を馳せるリアルレーシング。タナベは、スプリングやホイールを供給してリアルレーシングとパートナー関係にあるのだが、実はチーム代表を務める金石勝智氏とタナベは、チーム設立以前からモータースポーツで深く付き合いを重ねてきた旧知の仲なのだ。

 

 

「以前からなにか一緒にできればいいねと話し合っていて、2018年に立ち上げることになったのがリアルレーシングの用品部門であるリアルスポーツとタナベのコラボプロジェクトです。お互いが誇るノウハウを重ね合わせて、クルマ好きが愛車をもっと楽しめる製品を作り上げようと始動しました」とはタナベ企画広報課の土居さん。

 

 

その記念すべきファーストモデルは、ミッドシップの本格オープンスポーツとして人気を集めるS660だ。

 

クルマ好きのオーナーが“リアル”に走りの良さを楽しめる一台へと導くために、まずは車高調やスタビライザー、タワーバーにマフラーといったアイテムをプロデュース。ボディ剛性を高めてフットワークを高めるべく、間髪入れずにクロスブレースやパフォーマンスパネルなど各部補強を追加している。細部を見ていく。

 

 

純正から少ないケース容量を考慮して、フロントはネジ式、リヤは全長調整式としたサスペンションシステム。STスペック、Rスペックともにフロントには凸形状でストロークアップしたキャンバー調整式ピロアッパーを採用する。もちろん、スプリングはタナベの誇るPRO210、ダンパーはKYBの40段減衰力調整式TVSだ。

 

 

オープンボディのS660でフットワークをしっかりと動かすには、やはりボディ補強が不可欠。ストリートでの快適性を妨げないフロア下で補強効果を最大限に引き出せるポイントや結び方をリアルスポーツが提案し、タナベがアンダーカバー装着や最低地上高に配慮した設計で製品を生み出した。

 

 

タワーバーは、前後ともシャフト部分はタナベのラインアップするアイテムと同様だが、ベースプレートには剛性向上を図る3D形状を採用。

 

 

スーパーGTで戦うNSX-GTをイメージし、触媒風のテールエンドとバンパーメッシュを採用したS660用エキゾーストシステム。7psアップを実現するJQR認証のSTスペック、8psアップで2.36kgの超軽量仕上げとした競技専用のRスペックを用意する。

 

 

純正からテール位置を変更したことで目立ってしまうリヤメンバーには、レーザー刻印を施したステンレスのメンバープレートを用意。走りの楽しさ引き出しだけでなく、スタイリングにもしっかり配慮してアプローチした。

 

 

SSRの『GTX01』もリアルスポーツ×SSRとして、コラボ専用カラーのダークガンメタとセンターロック風デザインのセンターキャップでスタンバイ。S660ではフロント6J×15+45、リヤ6.5J×16+42のチューナーサイズとしたRスペック、フロント5J×15+45、リヤ6.5J×16+48のSTスペックをラインナップする。

 

 

「普段はレーシングカーを手がけていますし、ベース車両の分析から走りの向上へとつながるポイントを探るのは得意とするところです。そうした我々の考えたチューニングポイントを、タナベさんがストリートで安心して使えるように品質や性能だけでなく価格までも配慮してブラッシュアップしてくれました」とは、スーパーGTでレーシングメカニックも務めるリアルスポーツの河内さん。

 

コンペティションシーンで速さを引き出すための知識と経験を培ってきたレーシングチームと、高性能に安心・安全を添える物作りの技術力を誇る老舗フットワークチューナーのドリームコラボ、リアルスポーツ×タナベ。愛車で走りを満喫するなら、このコラボプロジェクトは決して見逃せない!

 

●取材協力:タナベ TEL:072−728−6700/リアルスポーツ 三重県鈴鹿市平野町7717-5 TEL:059-378-0355

 

【関連リンク】

タナベ

https://www.rd-tanabe.com

 

リアルスポーツ

https://realsports.co.jp/